2015年08月28日

ドラクエ8が来ない…。

昨日は3DS版ドラゴンクエスト8の発売日。
お仕事から帰ってきたら遊べるなと思い、寝不足の日々が続くのかなとか、でも不在連絡票とか入っていたら土曜日まで遊べないなとか、色々思いを巡らせながら帰宅したのですが、ポストの中にはドラクエ8はおろか、不在連絡票すら入っていませんでした…。

Amazonで、予約開始からかなり早いタイミングで予約したはずなんですけどね。
Twitterの情報を見ると、続々届いているようなんですけどね。
(自分よりも後に予約した人にも届いてる。どういう順番で送っているんだろう?)

Amazonで発送状況を見たら、

dq8ykh.jpg

到着予定日が8月27日〜30日なので、まだまだ「予定通り」なんですと!
まだ未発送。ということは、土曜日の朝の時点での到着は、けっこう絶望的かもしれない…。

う〜む。次にこういうのを予約するときは、予約先をよく考えないといけませんな。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2015年08月27日

コピペテキスト修飾除去その後

昨日までの更新で、とりあえず欲しい機能を一通り揃えるところまではできました。

次のステップとしては、それらを使いやすいように表面的に整えてやることですね。具体的には、

  • フローティングのボタンの位置を、終了時から次回開始時に引き継げるようにしてやったり。
  • 透明度を指定できるようにしたり。

それから通知領域のアイコンの右クリックメニューをもう少しすっきりさせるために、「フィードバック」を、設定ダイアログの中に移動させることも検討しています。

当サイトで公開している、他の常駐系ソフトでは、共通して通、知領域のアイコンの右クリックメニュー内に「フィードバック」が存在していますが、本ソフトだけは、メニューをゴチャゴチャさせないための特例として、メニューから追い出したいかな、と思っています。

と、ここで、少し立ち止まって考えないといけない。

基本的に、最近のモノ作りのスタイルとして、作者自身の欲望を最優先させるようにしています。

が、作者自身ではフィードバックを使わない(作者が自分自身に質問を出すわけがない)ため、「フィードバック」の有り様に関してだけは、作者自身の欲望を考えても意味がないと言えます。こればっかりは他者がどう考えるかを優先させないといけない部分ですね。

と、そこまで考えても、フィードバックをメニューから追い出す意味があるかどうか・・・よく考えてから結論を出したいと思っています。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2015年08月26日

コピペテキスト修飾除去の加工をスクリプトで書けるようにしたい

昨日のコピペテキスト修飾除去ですが、タイトルにあるとおり、加工をスクリプトで実現したいという野望を達成するために、現在の最新版では、Pythonをスクリプトとして呼び出せるようにしてみました。


Boost::Pythonを利用しています。また、この機能を利用するには Python 3.4.xのインストールが必要であり、Python 3.4.xの32bit版DLL (python34.dll) が必須です。

今のところ、エラーが発生するとすべて「予期せぬ例外」扱いになるなど、技術的にまだまだな部分が多いので、通常の機能追加ではなく、おまけ機能という扱いで。

これ、Boost::PythonのDLLには非依存にすることはできるけど、その先のpython34.dllとかmsvcr100.dllへの依存は残ってしまうんですね。まぁ、static化ができたとして、dllのサイズ2677KBがexeに乗っかってくるのも嫌なので、今のままにしますけどね。
それにしても、スクリプトを使って、事後に好きな機能をどんどん追加できる感動を味わったのは久しぶりかも。R-Scriptを作ったとき以来ですね。
こういうスクリプトの実装が、アッサリと出来てしまうというのも、時代を感じますね。しかも、文字列の扱いは、素のC言語よりは、よっぽどやりやすいし。

なお、Python 3.4の32bit版DLLがなくとも、「コピペテキスト修飾除去」そのもののメイン機能に影響がないように、DAPython.dllというDLLに、Python関連の機能を分離させています。設定ダイアログでPythonスクリプトの機能を使おうとする際に、DAPython.dllの呼び出しが可能かがテストされ、不可能であれば、Pythonスクリプトの機能は利用できなくしてあります。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト