2015年08月25日

「コピペテキスト修飾除去 ver.1.40.00β」更新について

8月23日、24日付で、「コピペテキスト修飾除去 ver.1.40.00β/1.40.01β/1.40.02β」を公開しています。

とりあえず、トップページからどうぞ。


普段使っていて、タスクトレイのメニューの多さが非常に気になり始めてしまったので、メニューの内容を整理しようと思い立ちました。

で、設定ダイアログを新設。実行頻度があまり頻繁ではないであろう機能を移動させています。

SettingDlg.png

対象は、遅延実行、バルーン表示切替、ショートカットキー設定、スタートアップ登録/削除の4つ。
これらの機能は、使うにしても、滅多に変更する機会が無い機能かと思います。

例えばスタートアップ登録なんて、セットアップ時点に設定するかしないかを決める方が大半だと思います。日常的にスタートアップ設定のオン/オフを切り替えている人は、ほとんどいないはず。

そういう意味で、利用頻度の低いであろう機能を、設定ダイアログへ待避しました。

ちなみに、新機能として「クリップボード内のテキスト属性を除去する機能を実行するボタンを画面上に配置する」を追加しています。

本ソフトは、基本的にはクリップボード監視機能をオンの状態で使うものとしていますが、クリップボードに貼り付けられた全てのテキストの修飾を除去したいのではなく、特定のテキストの修飾のみを除去したいという場合もあるかと思います。

そんな場合は、「クリップボードを一時的にOFFにする」にしておいて、必要な場合にタスクトレイのアイコンをクリックするという方法を奨励しています。
ただ、タスクトレイのアイコンまでの距離が長い!と思ってしまう場合もあるかと思います。その場合のために、「クリップボード内のテキスト属性を除去する機能を実行するボタンを画面上に配置する」を準備しました。

画面上には、次のようなダイアログが表示されます。
FloatingDlg.png

このアイコン(ボタン)をクリックすると、その時点でクリップボードに入っているテキストの修飾を除去してくれます。


1.40.02βで実装したオマケ昨日については、明日のブログで触れたいと思います。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2015年08月24日

ソフトウェアアーカイブのページの保存期間をどうしようか

昨日ウィキペディア・タイマの標準ダウンロードページでの公開終了と、今後はソフトウェアアーカイブのページのみでの公開となる旨を書いたわけですが、さて、ソフトウェアアーカイブのページでの公開期限をいつまでにしようか、全く考えていないことに気づきました。

ソフトウェアアーカイブのページは、2012年に、新しいドメインと新しいレンタルサーバ取得の記念で、過去バージョンを壮大にダウンロード可能とする目的で設置しました。

(新しいドメインと新しいレンタルサーバ取得のきっかけは、当時発生していた誤検知問題(現在は解決済み)の原因が、旧公開サーバにあったのではないかというアドバイスをいただいたことがきっかけです。残念ながら原因はそんなことではなく、単なるトレンドマイクロのバックエンドプログラムのバグであり、新サーバでも誤検知は起き続けたという悲しい事情もありますが…)

当時は、3〜4年分くらいを公開しておけば良いかという感じで公開していたのですが、気づけばそれから、さらに3年経過しており、現時点では6〜7年分を保持している状態となっています。

ちなみに、当時は、レンタルサーバの容量が少なくなってきたら消そうかな……くらいに考えていました。
ところが、さくらのレンタルサーバの容量が増加したことに伴い、残り容量は当時と比べて、減るどころか増えている状況です。容量を理由として消すことを考える意味が、全くなくなってしまいました。

まぁ、とりあえず、もうしばらくは、小難しいことは考えず、公開できる分は公開し続けることで考えておこうかと思います。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2015年08月23日

ウィキペディア・タイマの各エディションの標準公開の終了について

以前から予告しておりましたが、2015年8月19日付けで、ウィキペディア・タイマのダウンロードページでの配布を終了しております。

昨今のブラウザの進化は著しく早く、そこへ追随していくことが不可能になってしまったためです。

普通、当サイトでは、更新をしないだけで公開を終了するということはほとんどないのですが、ブラウザの進化への追随は、最新のセキュリティへの対応と捉えられる向きもあり、古いままのブラウザにしか対応できないというのは見た目的にもあまりよくありませんので、標準のダウンロードページでの公開そのものを終了することになりました。

このソフトは、実写によるデスクトップキャラクターを本格的に導入したり、声優さんを起用するなど、当時としては極めて新しい試みをしていたソフトではあるのですが、ブラウザの進化はもっと新しい方向へ、極めてすばやい速度で向かっており、日曜大工的なノンビリしたペースで追随していくことが不可能になりました。

なお、公開を完全に停止したわけではなく、比較的最近まで公開していたバージョンについては、ソフトウェアアーカイブのページにて引き続き公開しています。

ただし、対応ブラウザは、とても古いままとなっております。比較的新しいブラウザのバージョンには対応しておらず、また、今後対応も行いませんので、ご注意下さい。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト