2015年08月01日

とても困ったことになった:Vector担当者による規則違反の扱いについて

2012年4月から、1年半に渡り発生していた、トレンドマイクロ社のウイルスバスターによる一連の連続誤検知事件の発生を経て、2年半前に定めたルールに、

  • ウイルス対策ソフトで発生したトラブルは、ウイルス対策ソフトのベンダーに問い合わせること。作者へ問合せ・連絡・報告してはならない。
  • ブラウザにおける警告も同様。
  • 念のため報告も同様。
  • 違反した場合、該当ソフトウェアの利用禁止または転載禁止。

というものがあります。

サイト全体としては、トップページ下部に記載しているものの他、メール送付先フィードバック受付冒頭よくある質問に記載したものがそれに当たります。すっきり!! デフラグの場合だと、ダウンロードページのダウンロードリンクのすぐ上などに書かれています。

これは、騒動発生中に多くの利用者や、転載サイトの運営者からの問合せや念のため報告、説明要求などが相次ぎ、作者が疲弊しすぎてしまったためです。

当初は、多くのユーザーが、トレンドマイクロに対する、作者による代行問合せを求めておりましたが、対応に疲弊する様子を見た多くの方から、逆に、ユーザーの声は無視するよう促す流れができはじめまして、今後はそれを徹底しようという考えから、利用者の支持を得て上のようなルールを決めています。

上に書いてあるとおり、ウイルス対策ソフトまたはブラウザによる誤警告の報告を、(例え念のためであっても)してしまった場合は、違反行為として、(利用者であれば)ソフトウェアの利用禁止または(転載業者であれば)転載禁止を告げることにしています。


ところが昨日、困ったことが起きてしまいました。



続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト