2015年08月14日

「すっきり!! デフラグ ver.4.79.00β」公開試験中

8月12日に、「すっきり!! デフラグ ver.4.79.00β」を公開しています。

ダウンロードされる方は、トップページからどうぞ。

Windows 10は、基本的にはWindows 8と、それほど変わらないのかなぁ・・・なんて思っていたのですが、それはあくまで一般的なアプリケーションソフトウェアに対しての話であり、OSの機能に入り込む本ソフトの動きは、いくらか変わってくるようです。

とりあえず、次の変更を加えています。

  • Windows 10においても、Windows 8と同様の「デフラグに代わり機器種別に応じた最適化」が行われること(例:対象ドライブがSSDならば再トリム)が確認できたので、プログラム上とヘルプ中の表示を改訂。
  • Windows 10においては、「シェル起動前に実行」の仕様が変更され、Runonceに登録したプログラムの実行が完了しなくても、タスクバー等シェルの実行が開始されてしまうようであるため、「すっきり実行の方法」の方法として「シェル起動前に実行」が選べないようにした。
  • Microsoft アカウントを紐づけてWindowsへのログオンを行っている場合、高確率で、ユーザー名とログオンIDが異なるため、「設定」ボタン→「自動ログオン」タブにおけるユーザー名入力欄のリードオンリー属性を廃止し、再入力を奨励する作りに変更。

この他に、他のソフトでは対応済みとなっているインストーラが日本語以外の環境で動作した場合の配慮を追加したことと、共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新(.NET Framework 4.6やWindows 10への対応)が入っています。

Runonceの動きが変わってしまっているのは、ちょっとビックリでした。
まさか、Windows 95の頃から続く、こんな基本的なところまで変わってしまうとは・・・。

もしかしたら、Windows 10のバグなんじゃないか!?とも思ったりしたのですが、これだけ長い期間、Windows 10のベータテストが繰り返されてきていることを考えると、バグって事はありえないんでしょうね。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト