2015年09月27日

ようやくiOSを9.0.1にバージョンアップしてみてモッサリだらけ

つい先日まで、iPad2とiPhone5sのiOSは、iOS8.4のままになっていました。
iOS8.4.1が出た時に、なにやら良くないらしいというウワサが聞こえてきていたためで、その後、iOS9が出た時も、まだ不安があるというウワサが聞こえてきていて、アップデートを止めていました。

で、この度、iOS9.0.1が登場し、ようやくそういうウワサも聞こえてこなくなったので、アップデートしてみることにしました。

ios901.jpg

なんだかものすごく、動きがモッサリしていますね。
iPad2のモッサリは今まで通りなのでよいのですが、iPhone5sがモッサリに感じられるようになったのはこれが初めて。

特に、文字入力をしたくて、文字入力欄をタップしてから、キーボードが出てくるまでの時間が、5秒くらいかかることがある。今までは瞬間的に出てきていたのに。

なにやら、予測変換機能の読み出しに時間がかかっていることが原因というウワサが聞こえていているので、予測変換の蓄積データを削除してやれば、問題は解決するかもしれないらしいのですが、当然、これまで蓄積してきた予測変換データはクリアされることになるので、手放しで喜べる解決策では無いようですね。

しかし、メジャーバージョンが1つ上がっただけで、こんなに0秒が5秒になるくらいのモッサリ感になってしまうとは…ちょっとこれは、どうにかならなかったのかなぁ?と思わざるを得ないですね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | スマホ