2015年10月31日

インストール版を準備している理由………”インストール版が存在しない”事の意味を理解できない方がいる

以前は、インストール版を準備しているのは、利用者数の特に多い「いじくるつくーる」「すっきり!! デフラグ」「マウスのお供」を始めとするいくつかのソフトに限っておりました。
インストール版を作るだけでも、それはそれで手間であるというのもあります。

インストール版を作ることには、メリットもあればデメリットもあります。

メリットとしては、ユーザの利便性が向上すること、インストール版がないことによるユーザ離れを防げること、インストール版ではないものをインストーラだと思い込んで操作したときのトラブル(とそれにともなうクレーム)を防げることです。

デメリットとしては、作者に負担が増すこと、本来は使うべきではないような初心者層を取り込んでしまうことで、無用な混乱を招いたり、トラブルやクレームを招いたりすることがあります。

メリットとデメリットは、それぞれ表裏の関係になっているモノもありますね。

昨今は、タブレットやスマホ向けのソフトウェアのように、当然のようにインストーラが付いている形態もあったり、そもそもパソコンに慣れ親しんでいない人もいることがあって、「インストーラが無い」という状況を想像することすらできないという方もいるように見受けられます。

何ヶ月か前、インストール版を増やしたきっかけになった問合せというのがありました。

その方は、「あなたの作ったソフト(○○)をインストーラを使ってインストールしたが、うまく進まない」というクレームを上げてきました。
しかしその当時、そのソフトにはインストール版が存在していませんでしたから、その当時のよくあるトラブル(紹介サイト等に設置された悪質ダウンロードボタン型広告のリンクから、誤ったファイルをダウンロードし、それを当該ソフトのインストーラだと思って実行してしまったとか、ブラザーソフト等の悪質ダウンロードサイトなどにある余計なモノを入れてしまうタイプのインストーラに引っかかってしまったとか)を念頭に解決策を探っていました。

ちなみにその方に、「該当するソフトにはインストーラは存在しない」ということを話したのですが、こちらが何を言っているのか分からない風でした。
(おそらく、タブレットやスマホに慣れすぎて、パソコンに慣れておらず、「”インストーラが存在しない”という言葉の意味が理解できない」ということなんだと思います)

意味がわからなかったので、インストーラの画面のスクリーンショットを撮って送ってくれと言って返ってきたのは、なぜか、エクスプローラで表示されたファイル群の画像。
最近のWindowsにはzipファイルを解凍するための機能が盛り込まれているので、ソフトウェアの配布ファイルとして配布しているzipファイルをダブルクリックすると、zipファイルの中身が見えるという動作が発生するんですね。

その方は、どうやらその動きを「インストーラ」だと思い込んでしまったようでした。

インストーラを準備しないことで無用なトラブルが発生して、無駄な時間を費やしてしまったこと(おそらく、インストール版を準備する時間の方が短く済んだはず)や、そもそも「”インストーラが存在しない”という言葉の意味が理解できない」という事象に影響を受けまして、インストール版を増やすことになりました。

ちなみに最近では、インストール版を公開することによりデメリットとして、『Googleによる誤検知確率が格段に上がる』『その誤検知は、いくら説明してもGoogle社員に理解してもらえず、門前払いを受ける』『その間の対処にかかる手間や信用低下』という、アホみたいなリスクが湧き出ているというのも知られています。

これについては、また後日書こうかと思います。

posted by ayacy at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2015年10月28日

1990年頃のPC用野球ゲーム

1990年代前半の頃だったと思います。友人のPCの様子がおかしいので見に来て欲しいと言われ、見に行ったことがありました。

友人の家に着き、話を聞いてみると、パソコン向けに買ったゲームが動かないとかなんとかとか。

時代背景を説明すると、当時はPC98全盛期であり、Windows 3.1の標準搭載が始まった頃で、だいたいパソコンを買うと、PC98にWindows 3.1が入っており、パソコンショップの店員は相手が初心者でいると聞くや否や、キャンビーという機種を売りつけようとするというような感じでした。

で、その友人も、PC98でWindows 3.1の入ったキャンビーを買っていました。

しかし、当時売られていたパソコン向けのソフトというかゲームは、PC98のMS-DOS向けのものでありました。

Windows 3.1のDOSプロンプトは、全画面表示モードでなければグラフィック表示ができなかったので、その友人が、いくらDOSプロンプトのウィンドウモードの中で、説明書の中に書かれたコマンドを打ち込んでも、途中でエラーで止まってしまうんですね。

当時のDOS用のゲーム側からしてみれば、Windows環境内で動かされることなんて想定していませんでしてから、説明書にもその配慮はなく、そりゃ、初心者は混乱しますな。

無事にゲームは動き出しまして。
野球ゲームでした。
冒頭では、最近サッカー人気のせいで野球の人気が低下している中で一念発起して発売したゲームなんだと、そんなことが語られていました。

今の時代はまた、どちらかというと、野球の方が人気を取り戻していますかね。

ところでその後、その友人の持っていたPCは、再び壊れたと聞きました。
友人の祖母が、何らかの宗教的なものにハマっていたとかで、お清めだと称して大量の塩をPCに振りかけたのだとか。
おそらくそれがハードディスクかマザーボードかなにかに詰まり、壊れたのだろう、とか何とかとか。

そういえば1990年代半ばには、宗教法人による大規模テロが発生したりとかしていて、これもまた時代の……ですかね。


posted by ayacy at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2015年10月27日

ほぼ1年ぶりの風邪に見舞われて

風邪をひきました。季節の変わり目には勝てなかったか…。

ちなみに前回、風邪をひいたのいつだったかと調べたら、2014年の11月(誕生日の前後)でした。ほぼ1年ぶりの風邪であり、去年も季節の変わり目には勝てなかったのだと思うと、感慨深いモノがあります。いや、感慨深くないけど。

去年は、ただ風邪を引いていただけでなく、連日の寝不足も重なって、治るのにずいぶん長引いてしまったけれど、今回はサッと寝てサッと治したいと思います。


そういえば、風邪は、早期に帰宅して早期に就寝し、ぐっすり眠るのが、治すための最も良い方法であることは間違いないですが、なかなか上手くいかない場合は、風邪薬を飲むのと同時に、いわゆる栄養ドリンクってやつを飲んで寝るとよいらしいと聞きました。

栄養ドリンクは頑張る前に飲むだけでなく、頑張らない前に飲むのも有効だと、そういうわけですかね。
なかなか試せるものではないですし、カフェインのせいで逆に眠れない人も出てきそうですが、機会があれば試してみようかな。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記