2015年10月15日

サーバで使われているPHPのバージョンを思い切って最新まで上げてみた(5.4⇒5.6)

今夜は訳あって早々に帰宅できたため、思い切ってPHPのバージョンを最新まで上げてみました。
PHP 5.4からPHP 5.6.11へ。

なぜ今日の今日まで躊躇っていたのかというと、default_charsetがUTF-8になってしまうため、様々なPHPの関数の動きがUTF-8を前提としたものに変わってしまう他、レスポンスヘッダに

Content-Type: text/html; charset=UTF-8

が付いてしまいます。
これが付いていると、HTMLのヘッダに

<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

が入っていても、ブラウザはUTF-8として解釈しようとして、文字化けが発生します。

当サイトでは、比較的最近作り始めたページについてはUTF-8で書かれていますが、歴史的な都合上、トップページを始めとしてShift-JISで書かれたページが数多く存在しており、そういったページが全て文字化けします。

さらに、さくらのレンタルサーバ上で、拡張子htmlのファイルをPHPに解釈させるためのテクニックが諸々入っている都合で、各ドメイン毎にPHP関係の設定があれこれされています。

最も良い、あるべき姿としては、全てのファイルをUTF-8に切り替えることですが、ファイル数が多く、難しいため、各ドメイン毎のPHP関係の設定をいじることにしました。

具体的には、php.inidefault_charset="" を書き込むことにより、PHP 5.6より既定となった default_charset="UTF-8" を忘れさせてやることなのですが、この設定を、各ドメイン毎のPHP関係の設定に、一斉に行わなければなりません。

ちょっと焦りながらだったので、何回か失敗してしまい、むしろ設定に時間がかかってしまいました。
そんなわけで、本日の20:30〜21:00頃、訪問されていた方がいたとしたら、ブログとミニブログといくつかのページ以外が、すべて文字化けしていたかと思います。ご迷惑をおかけしました。

いずれは、すべてのページをUTF-8化すべく、頑張りたいと思います。


…とはいえ、Web版ヘルプのページのような、他のプロジェクトと密接な関係があってShift-JISになっているページもあるので、なかなか難しい…。


posted by ayacy at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ運用

2015年10月13日

自分向けに作っているJavaScriptツールに

最近、こことかここにあるような感じで、JavaScriptのツールを作ることがあります。

理由は、JavaScriptで作っておけば、手持ちのiPhoneで動かすことができるし、Appleの審査を通すこともないないし、何よりも気軽だから。

で、ふと、朝のニュース番組などを観ていて、「星座や干支がすぐに分かるといいな」という思いが募り、自分向けのツールとして、星座と干支を表示する機能を付けたりとかしています。

image.jpeg

ついでに、<ruby>タグでルビを付けてみる実験も兼ねてみたりして。

せっかくなのでこのまま、13星座動物占いも分かったら良いな、と思い始めました。どちらも、ブームはとっくに過ぎ去ったと思いますが、技術的な知識欲として、これらを決めているルールを知りたかったので。

13星座は、通常の12星座と同様に、単純に日付のレンジで分けているだけでしょう。日付のレンジはWikipediaかなにかで調べればすぐに分かりそうなので、後で調べることにして。

問題は、動物占いの方です。
動物占いは、ブームの時には参考書籍が出版されていて、そこに記載された表を見れば占いができたようなのですが、それをプログラム化しようとすると、ルールを見つけ出さないといけない。
ネットで調べてみると、ちょっと難しいっぽい。

Wikipediaを見てみると「陰陽五行思想を基にした四柱推命の十二運星を動物名に置き換えた」とか、ちょっとなんだかよくわからないことが書いてあるし、…ここで急に、興味が失せた感じ。

朝の情報番組の占いを見るだけなら、干支と12星座が分かれば、済んじゃう事が多いですからね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

2015年10月11日

二度寝の時に見た夢

平日の朝、思わず二度寝してしまったときに、ちょっと長めの夢を見ました。
二度寝していたのは5分くらいだったと思いますが、夢の中で過ごした時間は、体感的に1時間くらいはあったかも。

夢の中での設定としては、自分は学校の教員で、「昨夜、音楽室に賊が侵入した」という話を聞くところから始まる。
監視カメラの映像を見て欲しいと言われ、音楽室に案内されて、グランドピアノの鍵盤をいくつか押すと、モニタが現れて昨夜の映像が流れ始める。

どういうセキュリティシステムだろう…。

夢の中では不思議に思うこともなく、映像が流れ始めるのだけど、どういうわけだか、校舎の外(たぶん校庭)から3Fにある音楽室を、人間がビデオカメラで撮影しているような感じで(映像が横に動き、小刻みに揺れていた)、しかも途中から、『二流の呪いのビデオ』みたいな映像が流れ始める。

例えばピアノの音がポロポロ流れたり、黒い影が動いていたり、般若の面が飛んでいたり。

そこで目が覚めたのだけど、なんとも、シュールな夢でした。
二度寝したから観ることのできた、珍しい夢だったわけだけど、夢の中での滞在時間が長めだったこともあり、あまり二度寝したという実感はなかったですね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記