2015年10月06日

一桁レベルが違う子ども向け番組を見てしまった

日曜日に子ども向け番組を見ていました。

Eテレの子ども向け番組にはレベルの高い者が多く、「ピタゴラスイッチ」とか、「デザインあ」とか、大人が見ても面白い番組はありますが、その中で群を抜いていて、思わず二度見してしまったものがありました。

「ニャンちゅうワールド放送局」の1コーナー。「おねんどおねえさん」のコーナーです。

このコーナーでは毎回、何か題材を見つけて、ねんどでそれを作り、「世界ねんど遺産」として登録する…というようなことをしています。

たとえば「あんぱんを作ります」と言えば、あんぱんそっくりなミニチュアをねんどで作るわけですけど、そのレベルが高い。
パンを焼いたときの光沢感や、黒い色鉛筆を削って作ったゴマにより、本物と見間違える程の見た目のレベルの高さはもちろん、半分かじったときにパンの中からアンコらしきものが出てくる様子も再現しています。

この、「おねんどおねえさん」は、この番組のためにねんど作りをしているわけではなく、元々ねんど作りのレベルの高い人で(本人は「ねんドル」と名乗っているとのこと)、その人がこの番組に出ているということみたいです。

ググってみたら、おねんどお姉さんの作品がすごい!というようなことを書いているサイトもあったので、ご参考に。

うな重や焼サンマも、ねんどと聞いて普通に想像するレベルを遙かに超えている作品なので、一見の価値があります。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記