2015年10月09日

iPhoneの強制再起動

先日、仕事で使っているiPhoneが、画面が暗いまま無応答になりました。
スリープボタンの長押しが効かず、サイレントスイッチをオンにした時の振動も感じられず、当然ホームボタンにも反応せず。

たしか、バッテリー残量は直前まで95パーセント以上はあったはずで、バッテリー切れも考えられず。
でも一応充電してみようとコンセントに挿しても無応答。1分くらい経っても無応答。

さすがに最初は焦ったのですが、そういえば以前に、強制再起動の方法を見たっけなと思い、試してみました。

ホームボタンとスリープボタンを、とにかく長押し。
リンゴのマークが出るまで、とにかく長押し。

iph6.jpg

Windowsパソコンで言うところの、電源ボタン長押しに相当する行為だそうです。
15秒くらい押し続けていたら、無事にリンゴのマークが出てきてくれました。

めったに使う機能ではありませんが、いざという時のため、覚えておいたほうが良いテクニックですね。


posted by ayacy at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ