2015年11月24日

Windows 10が無償で提供されているわけだが…ふと考えたこと

現在、Windows 7/8.1の正規利用者向けに、Windows 10へのアップグレードが無償で実施できるようになっているわけですが、以前にMicrosoft社が無償で古いOSのアップグレードを続けない要因の一つとして、細かいアップデートやサポートも労力が掛かっており、無料ではないのだから…という理由を述べたことがありました。

ところが現在、Windows 10が無償で提供されていることを思うと、その無料ではないのだから…の理由付けがうまく行かないなぁと思い、早急に別の理由を考えておかないといけないかな、と考えました。

おそらく、ユーザーを最新のOSに誘導しておくことで、サポートのリソースを最新のOSに集中させることができ、細かいアップデートやサポートのための人件費を何割か削減することができるんでしょうね。
Windows 10への移行は無償で行うけど、その分、別の費用が安く抑えられているのかもしれません。

あるいは、iOSやAndroidなど、他のOSのメジャーアップデートが無償で行われているのがユーザーに知られているので、Windows 10も無償にしておかないと、他のデバイスへの流出が起きてしまうからかもしれません。それを引き留めることにより収益減を防げるという意図でしょうかね。

そういえば何年か前のことになりますが、紳士服業界で、大手メーカーが一斉に、「スーツを2着同時に購入したら、2着目を大幅割引 or 2着目を1円でご提供」みたいなサービスを始めたことがありました。
あれはどうやら、2着目を大幅割引 or 2着目を1円にしても、収益が得られるわけではなくて、他のメーカーもやっているので、顧客の流出を防ぐためにもやらざるを得ない状況になっていたとかいう話を聞いたことがあります。

ハンバーガー業界の値下げ合戦や、一部地域でのタクシー会社の値下げ合戦など、あちこちの業界で起きていることではありますが、IT業界でも値下げ合戦ってのもありそうですね。

タクシー業界では値下げをしすぎたせいで、タクシー運転手の体調管理が疎かになったとか、事故率が増えたような話も聞きます。IT業界は元々、体調管理が疎かになりがちな業界ですからね。それに輪を掛けて体調管理がさらに疎かになるのだと、イヤですね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2015年11月23日

VAIO type Pには結局、Linux Mintを入れてみることに

先日、古いノートPCの使い道について、色々と考えている旨を書いたわけですが、この3連休を利用して、さっそく実行に移してみることにしました。

image.jpeg

まず試してみたのは、前の記事に書いたとおり、Chromium OSを入れてみるというもの。
結論から言うと、上手くいきませんでした。

USBメディアに入れて、VAIO type PのBIOS設定を変えてUSBメディアから起動できるようにし、Chromiumの最初の画面が出るところまで行ったのですが、そこでネットワーク接続を見つけることができず(Wi-Fiがうまく繋がらなかった模様)、先に進むことができませんでした。

後で調べてみたら、少し古いビルドを使えば良かったらしいのですが、時既に遅し…というか、少し古いとはどれだけ古いのかもわからないため、Chromium OSは諦めることにしました。

次に試そうとしていたのが、Linux系。
一時期、Windows XPが使えなくなるから軽量Linuxを入れようなどと持て囃されたことがありましたが、それを今更試そう、と。

調べてみると、軽量版Ubuntu等々、いくつか見つかったのですが、VAIO type Pのキーワードと共に見つかりやすかったのがLinux Mintだったので、それを試してみることにしました。

image.jpeg

参考にしたサイトはこちら:

大目標として、リモートデスクトップでメイン機に繋ぎたかったのですが、そこまでの道筋が示せました。
すべてがインターネットで調べられる時代のありがたみを、存分に感じます。


続きを読む
posted by ayacy at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2015年11月22日

「Come here windows v1.00.01」更新について

「Come here windows v1.00.01」更新を公開しています。


プライマリモニタの外側に配置された全てのウィンドウを、まとめてプライマリモニタ内に強制的に移動させるプログラム。普段はセカンダリモニタがあるものの、一時的にセカンダリモニタが見られない場合や、ウィンドウが画面外に逃げてしまうようなことがあった場合に利用することを想定しています。

過去の更新履歴や、機能の詳細…特に、キーボード操作からウィンドウを移動させる方法と比較した時の違いは、付属ドキュメントを参照で。

今まではお試し的なノリで作っていたので、バージョン番号は0.xx (整数部が0)で作っていましたが、ここのところ必要があって、移動対象外とするウィンドウクラス名指定機能とか、移動結果の詳細をリストビューで表示する機能とかを付けて、色々と機能が盛り込まれてきましたので、バージョン番号を1.00(整数部を1)にしました。

chw100.png

今までは、管理者権限アプリにアクセスできなくて移動不可となっていたウィンドウについては無視していましたが、ver.1.00.01からは、結果ウィンドウにエラー理由を表示するようにしています。

これで、ヘルプファイルとインストーラを付ければ、他の公開物に追いつくのですが、そこまでやるかどうかは、まだ検討中です。


posted by ayacy at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト