2015年11月12日

Windows 8.1のスティックPC(MS-NH1)に、Windows 10を入れてみる実験

今年の1月に、マウスコンピュータのスティック型PC「m-Stickシリーズ MS-NH1を購入しています。このスティック型PCには、Windows 8.1が入っていたわけなのですが、ネット上の情報を色々と見て回ると、普通にWindows 10へアップグレードできているようなので、こちらでも試してみることにしました。

ネット上の情報によると、

  • アップグレードには4〜5時間かかる。時間はかかるが成功する。
  • アップグレード直後は動作が非常にスローになるが、その後、時間が経過すると元の動作速度に戻る。

とのことでした。

この動作状況から見て、MS-NH1が苦手とする「温度上昇」(詳細は上の記事参照)が原因になっているのではないかと推測しました。

というわけで、アップグレードをするにあたり、USB卓上扇風機の風を当てた状態にして実施しました。
すると、2時間程度でアップグレードが完了しました。アップグレード直後に動作がスローになる感じもありません。どうやら、MS-NH1をアップグレードするときには、温度コントロールが必須なようですね。

ファン搭載モデルも発売されているので、ファン音のうるささが気にならないことに自信があれば、ファン搭載モデルを買っておくことをお勧めします。特に動画再生をしたいなら、外部にせよ内蔵にせよ、ファンは必須です。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2015年11月11日

Windows 10を入れたPCにiPadやiPhoneからリモートデスクトップ接続したときの感触

いろいろと環境が整ってきたところで、居間にいながらにして、パソコン部屋のPCの状態を監視あるいは操作するための手段を確立しておく必要があります。

PCからPCを操作するのであれば、Googleの「Chromeリモートデスクトップ」を使ってしまうのが最も早いのですが、居間に居ながらにして手軽に操作をするのなら、手持ちのスマホやタブレット(自分の場合、持っているのはiPhone5sやiPad2なので、それら)できたほうが良く、また操作方法もスマホやタブレットに適した操作ができた方が良いです。


今回も同様の感触を得られることを期待しています。

remote_win10_1.png
Windows Updateの進捗具合を確かめたくて、居間のiPadからWindows 10に繋いだ様子。普通に見られます。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | PC

2015年11月10日

レーベル面が真っ白な同人ゲームを頒布するのはイヤだった

昨日と一昨日、とある事情から、部屋の中をひっくり返して創作していたのですが、同人ゲームを作っていた頃に使っていた、通称「ラベラー」という器械が出てきました。

CDやDVDのレーベル面に、CD/DVDとほぼ同程度のサイズの円形シールを貼るための装置です。よく使っていました。

自分が同人ゲームを作っていた頃は、市販のゲームになるべく似せることが至上目的みたいになっていたところがありまして、頒布するCDはプレスにするか、あるいはCD-Rにするとしてもレーベル面に絵を貼り付けてそれらしく見せたいと思っていました。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ソフト