2015年11月09日

Windows 10で、ソフト改修〜公開の一連の流れを試して浮かび上がってきた問題点

11月7日付けで、「マウスのお供 ver.1.57.05」を公開しています。
ダウンロードはトップページからどうぞ。

更新内容は記載したとおりですが、意図としては、メイン環境に導入したWindows 10で、ソフト改修〜公開の一連の流れを試したらどうなるか、という、パイロット検証的な意図による実施です。

なぜ、マウスのお供を選んだのかというと、ヘルプ中の「タスクバーの通知領域にアイコンが出なかったら」の記載が、他のソフトより一世代古い記載になっているため、その更新のついでに…という、一石二鳥的な意図によるものになります。

具体的には、他の通知領域常駐型のソフトでは、Windows 7とWindows 8.1における対象方法が記載されているのに対し、マウスのお供では、Windows XPとWindows 7における対象方法が書かれていました。それを、外部リンクに差し替えました。

で、ソフト改修〜公開の一連の流れを試してみた結果、浮かび上がってきた問題点はこちらです。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2015年11月08日

Windows 10にしてから発生したトラブル。解決したものと解決していないもの。

11月4日に、メイン環境にWindows 10を本格導入してから昨日まで、色々使ってきています。大抵の部分、特にアプリケーションソフトウェアのレベルでは、これといって問題は発生していないわけですが、昨日も書いたとおり、いくつかトラブルが発生しています。
今日はそれについて、解決しているかどうかも含めて、書いていきたいと思います。

■IMEがATOK2012からMS-IMEに戻る問題

これはATOKに限らず、Google日本語入力を使っている場合もそうらしいですが、MS-IME以外を使う場合は、色々とトラブルに巻き込まれます。
日本語入力システムのアイコンが「日本」という味気ない文字になってしまうことや、Windows 10を再起動する度に、IMEの設定がMS-IMEに戻されてしまうことなど。Windowsストアアプリ上では強制的にMS-IMEに戻されてしまうという現象もあります。
nihon.jpg

大抵は、最新の修正パッチを導入したり、サードパーティ製IMEをアンインストールしてからインストールし治すことで、問題解決する場合が多いです。

ATOK2012の場合、すでにそういった「対策」が行われるような時期が過ぎてしまっているため、上記の問題が解決できるかどうかは微妙です。
来年、ATOK2016が出たら、それを買うか、あるいはMS-IMEの軍門に下るかを、近々決断しようかと思っています。


続きを読む
posted by ayacy at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2015年11月07日

住めば都となるか?Windows 10のスタートメニューの良いトコ探し

今週火曜日にWindows 10を導入してから4日間が経過しました。
今のところ、アプリケーションが動作不良を起こすようなことはなく、想像以上に、よく動いている印象です。

ただ、想像通りうまく扱えていないのが、やはり、Windows 10のスタートメニューでした。

win10sm1.jpg

Windows 8ではスタートボタンそのものが廃止され、スタートメニューはタブレット向けのスタート画面に置き換わりました。
Windows 8.1はユーザからの多くの反対意見を受け、スタートボタンは復活させたものの、スタートメニューは復活しませんでした。
Windows 10では更なるユーザからの意見を受け、スタートメニューも復活させた形となります。



続きを読む
posted by ayacy at 06:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC