2015年11月02日

インストーラの「情報」ダイアログのフォント問題。InnoSetupと「游ゴシック」

先月末にインストーラの話を書いたので、その関連ということになるのですが、当サイトで公開しているソフトウェアのインストーラ(正確には、 InnoSetupで作成したインストーラ)に、あるクレームが寄せられていたのでした。

クレームの内容としては、セットアップ中の「情報」のダイアログで表示される文字のフォントが気持ち悪いというもの。
まあ実際の所、気持ち悪いかどうかは人の感性によるところもあるのですが、感性の他にWindowsのバージョンの違いもあるようでした。

▼Windows 7の場合
win7_innosetup_readme.png

▼Windows 8.1の場合
win8_innosetup_readme.png

▼Windows 10の場合
win10_innosetup_readme.png

クレーム者の方が気持ち悪いと思ったのは、Windows 10のもの。
いわゆる「Yu Gothic」だか「游ゴシック」だかいうやつですかね。

中途半端に日本語化された『大陸系フォント』的な感じがするところですかね。
Twitter上で聞いた見たところ、別に気持ち悪いとは思わない方もいるようではあったので、やはり感覚によるところってことでしょうかね。

問題は、これに対して対処法が見つかっていないということ。
セットアップはInnoSetupで作られており、そのフォントはおそらくデフォルト(システムフォントとして?)で割り当てられるもの。
何か良い対処法があれば良いのだけど(その対処をするだけの意味や価値があるかどうかという問題もあるけど)、ちょっとそれが見つからない状態。

おそらく当面は、このままで行くことになりそうです。


続きを読む
posted by ayacy at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト