2015年11月09日

Windows 10で、ソフト改修〜公開の一連の流れを試して浮かび上がってきた問題点

11月7日付けで、「マウスのお供 ver.1.57.05」を公開しています。
ダウンロードはトップページからどうぞ。

更新内容は記載したとおりですが、意図としては、メイン環境に導入したWindows 10で、ソフト改修〜公開の一連の流れを試したらどうなるか、という、パイロット検証的な意図による実施です。

なぜ、マウスのお供を選んだのかというと、ヘルプ中の「タスクバーの通知領域にアイコンが出なかったら」の記載が、他のソフトより一世代古い記載になっているため、その更新のついでに…という、一石二鳥的な意図によるものになります。

具体的には、他の通知領域常駐型のソフトでは、Windows 7とWindows 8.1における対象方法が記載されているのに対し、マウスのお供では、Windows XPとWindows 7における対象方法が書かれていました。それを、外部リンクに差し替えました。

で、ソフト改修〜公開の一連の流れを試してみた結果、浮かび上がってきた問題点はこちらです。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC