2015年11月23日

VAIO type Pには結局、Linux Mintを入れてみることに

先日、古いノートPCの使い道について、色々と考えている旨を書いたわけですが、この3連休を利用して、さっそく実行に移してみることにしました。

image.jpeg

まず試してみたのは、前の記事に書いたとおり、Chromium OSを入れてみるというもの。
結論から言うと、上手くいきませんでした。

USBメディアに入れて、VAIO type PのBIOS設定を変えてUSBメディアから起動できるようにし、Chromiumの最初の画面が出るところまで行ったのですが、そこでネットワーク接続を見つけることができず(Wi-Fiがうまく繋がらなかった模様)、先に進むことができませんでした。

後で調べてみたら、少し古いビルドを使えば良かったらしいのですが、時既に遅し…というか、少し古いとはどれだけ古いのかもわからないため、Chromium OSは諦めることにしました。

次に試そうとしていたのが、Linux系。
一時期、Windows XPが使えなくなるから軽量Linuxを入れようなどと持て囃されたことがありましたが、それを今更試そう、と。

調べてみると、軽量版Ubuntu等々、いくつか見つかったのですが、VAIO type Pのキーワードと共に見つかりやすかったのがLinux Mintだったので、それを試してみることにしました。

image.jpeg

参考にしたサイトはこちら:

大目標として、リモートデスクトップでメイン機に繋ぎたかったのですが、そこまでの道筋が示せました。
すべてがインターネットで調べられる時代のありがたみを、存分に感じます。


続きを読む
posted by ayacy at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC