2015年12月06日

Windows 10へのアップデート後のバックアップデータその後

およそ1ヶ月前にWindows 10へのアップグレードを行いまして、その際に書いたブログのコメント欄で「1ヶ月後に過去のWindowsのバックアップデータが消えるかどうかを確認して欲しい」と言われ、その後の記事で確認を誓ったわけですが、あれから1ヶ月ちょっと(32日)が経ちました。

コメントを書き込んだユーザーさんの環境では、過去のWindowsのバックアップデータは消えてくれなかったそうですが、さて、こちらの環境ではどうなるか…。

win10win7modosu0.png

確認してみると、過去のWindowsのバックアップデータは残っておりました。残念。
それどころか、
win10win7modosu1.png

Windows 7へ戻すための選択肢すら、残り続けています。
Windows 10へアップグレードしたのは、11月3日で、この記事を書いているのは12月5日。
1ヶ月は経過してしまっていますので、Windows 7へ戻すための選択肢は消えていなければなりません。

ちなみに「開始する」ボタンを押してみると、

win10win7modosu2.png

「1ヶ月経過したので、もう戻せません」みたいなエラーメッセージが出るわけでもなく、そのままWindows 7へ戻せそうな感じです。

もしかすると、Windows 10のバグか、あるいは、マイクロソフト社の「1ヶ月の数え方」が普通の感覚とは異なるのか・・・、よくわかりません。
実害がなければ、バックアップデータはそのままでもよいかなと考えていたのですが、こちらの記事を見ると、「以前のバージョンに戻せる31日の猶予期間が経過するまではTH2のインストールは行えない」という記述があります。Windows 10の次のメジャーバージョンアップができないとなれば、これは実害アリと見なして構わないでしょう。

Windows 10の動作には満足しており、目立った不具合もなく、もう、過去のWindowsに戻すつもりもありませんし(実験用であれば、マルチブートしている環境が利用可能だし)、過去のWindowsはディスククリーンアップで綺麗に削除して、Windows 10の次のメジャーバージョンアップに移ろうかと思います。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | PC