2016年01月18日

初夢…とは言えないかも知れないけど、年末年始に見た夢

年末年始頃に書いたメモが出てきまして、今、その存在を思い出しました。
一節によると、1月1日の夜から1月2日の朝にかけて見た夢を「初夢」と呼ぶそうです。残念ながら、1月1日の夜から1月2日の朝にかけて夢を見なかったため、正確には初夢を見ていないことになるのですが、12月31日の夜から1月1日の朝にかけてと、1月2日の夜から1月3日の朝にかけて夢を見ていました。

朝起きたとき、「これは珍しい」と思い、その内容をスマホにメモしていたのですが、夢のことって、けっこうアッサリと忘れてしまうんですよね。実はついさっきまで、メモしたこと自体も含めて忘れていました。今こうして、それを見つけて、改めて思い出しました。

んで、読んでみると、これといって珍しいわけでもない。そんなもんですよね。

でもまぁ、一応記しておこうかと思います。

■12月31日(木)の夜から1月1日(金)の朝にかけて

12月31日の夜は、親戚宅でものすごくうまい肉を食べつつ、小林幸子の「千本桜」に興奮し、帰宅後は、ゲームセンターCXの有野課長の年越し生挑戦で奇跡を目の当たりにして興奮して、ともかく興奮しっぱなしで年を越したわけですが、見た夢はこんな感じ。

・何人か(夢の中では、今の職場の仲間達という設定だったが、起きて見ると知らない人達だった)で、霧に包まれながらボートで海の中を進む。
・しばらく進むと島に辿り着き、島には巨大な木がそびえ立っていて、その近くの古い公民館のような巨大な施設に辿り着く。記憶を探ると、そこは、今となっては無人島な場所。かつては人が住んでいた。
・でも、いつの間にか人が現れ始めた。記憶を探ると、今度は、そこは巨大娯楽施設&宿泊施設になってた。
・そこでかつての知り合い(夢の中では、昔の職場の仲間という設定だったが、起きて見ると知らない人)達と、懐かしい会話をした。

起きたときには、とにかく「懐かしい」という感情でした。


■1月2日(土)の夜から1月3日(日)の朝にかけて
1月2日(土)の夜は、「うたわれるもの 偽りの仮面」を見てから寝たのですが、あまりにもその影響を受けすぎていました。

・「うたわれるもの 偽りの仮面」主人公ハク達の一行が、モーターボートに乗って地下水路を爆走。

うたわれるものの時代感覚に合わない乗り物でしたね。
(もしかしたら、うたわれるものの時代まで放置された古いモーターボートくらいあるのかもしれないですが、そんなものは朽ち果てていそうですね)

起きたときは、とにかく、唖然としておりました。なんちゅう夢をみてしまったんだ、と。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記