2016年02月17日

「改行コード変換ライト」更新中

昨日・今日で「改行コード変換ライト ver.2.00.01β」「改行コード変換ライト ver.2.00.02β」を公開しております。連日の更新となっております。

ダウンロードはトップページから。

lcglite_ss0.jpg

ver.2.00.01βでは、NULL文字などの無効なコントロールコードを半角スペースやドットに置換する機能を追加しました。

「無効なコントロールコード」は、「NULL文字」か「CR,LF,TAB,EOF以外のコントロールコード」のいずれかから選べます。
EOF(0x1a)は伝統的な終端文字ですが、今ではあまり意味がないんですけどね。いちおう。

「無効なコントロールコード」を削除する機能については、もう少々お待ち下さい。
ファイルサイズが変動する部分を作るのが、平日の空き時間だけで作りきれなかったので。


ver.2.00.02βでは、処理中の状況の表示(何バイト目を処理中か)と、中止方法の表示(Ctrl+Cで中止できる)を行うようにしています。
また、「バージョン情報」ダイアログについて、INASOFT標準のダイアログへの差し替えを行っています。
これにより、「環境情報の表示(CCPU)」や、フィードバックページの表示ができるようになっています。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2016年02月16日

「改行コード変換ライト」作成中

先日書いた改行コード変換の作り直し宣言の流れで、現在「改行コード変換ライト」を作り直し中です。

lcglite_ss.png

とりあえず今のところは、改行コードを挿入する機能と、改行コードを変換・統一する機能のみを呼び出せるようになっています。

ソフトウェア本体は「lcguilite.exe」というGUIのプログラムになっており、このプログラムからファイル名や各種パラメータを指定できます。
[OK]ボタンを押すと、各機能のコンソールプログラム(inscrlf.exe, lclite.exe)を呼び出すような仕掛けになっています。

各機能のコンソールプログラム(inscrlf.exe, lclite.exe)は、それ単体でも呼び出せるようになっています。


なお、現時点ではβ版になっており、バージョン情報の記述やドキュメントの記述や、一部エラー処理は、まだ記述途中です。
作者に時間的に余裕が出来ましたら、そこらへんも充実させていきたいと思っています。ヘルプファイル(CHM)も、いずれは準備したいと思っています。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2016年02月15日

NumLockLock β版更新のお知らせ

「NumLockLock v1.30.00β」を公開しました。

トップページからどうぞ。

ウィンドウごとに挙動を変える」ダイアログにおいて、これまで「アプリ切替時OFF」「アプリ切替時ON」が選べたのはIME状態だけでしたが、NumLock/CapsLock/ScrollLockの各キーに対しても選べるようにしました。

また、ユーザ要望への対応として、「ウィンドウごとに挙動を変える」ダイアログでのNumLock/CapsLock/ScrollLock/IME状態に対して「監視しない」を追加しています。

nll_app_nowatch.png

これは、標準設定でNumLock/CapsLock/ScrollLock/IME状態を監視する状態にしていたとしても、それをウィンドウ単位で解除することをできるようにしたものです。

それから、通知領域のアイコンにマウスオーバーしたときに、NumLockLockの動作状態(動作中か、一時停止中か)を表示するようにしています。こちらはなんとなく、作者が欲しくなったので。30代も半ばを過ぎたせいか、アイコン上の小さい記号だけでは、状態の判別に苦労するような目力になってしまったのかもしれません…。


posted by ayacy at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト