2016年02月20日

J:COMのWebスペースのサービスが終わっちゃうって…

実は先日、家計の切り詰めを考えていたとき、インターネット関連、特にフリーソフト公開に関連する固定費の削減が出来ないか、色々考えていたことがありました。具体的には、

  1. インターネット契約のプランの通信速度を1段階下げる(320MB→12MB)。
  2. 独自ドメイン(有料)のではなく、さくらインターネットが提供する無償のドメインを利用する。
  3. さくらのレンタルサーバのプランをスタンダードからライトに1段階下げる。このため、PHPやDBを使った動的ページの生成をやめて、静的ページにする。
  4. さくらのレンタルサーバを使うのを止めて、プロバイダのWebスペースを活用する。

とかを考えておりました。
1番目と4番目の合わせ技が、もっとも効果が高いかなぁ…なんて思っていたのですが、ここにきてプロバイダ(J:COM)から、WebSpace提供終了のお知らせが来た。
ギリギリセーフ。移行を決断した後とかでなくて、よかった。

J:COMが、WebSpaceの提供終了を決めた理由は、やはり、利用者が少なくなったからでしょうね。
独自ドメインやレンタルサーバの取得が、格安・簡単にできるようになった現代としては、もはや、プロバイダのWebスペースに自作Webサイトを置くことも少なくなっていると言えます。

というか、自作Webサイトを作成すること自体が少数派かもしれません。自分の声をネット上で発信したいなら、ブログサービスを利用・・・することすらもはや古くて、TwitterやFacebookやInstagramを使うのが主流でしょうし。

(INASOFTでは、一時はJ:COMのWebSpace上に、フリーソフトの公開ファイルのミラーや画像ファイルを置いていたのですが、フリーソフト公開開始時の手間がかかってしまうことや、そもそもミラーが必要なほどのダウンロード量ではなくなってしまっていることを踏まえ、数ヶ月前からJ:COMのWebSpaceの利用を止めておりました)


んで。固定費削減のために何ができるか?の選択肢が減ってしまいました。残った選択肢の検討ですが、
3番目については、実は1ヶ月あたり300円くらいしか安くなりません。
2番目に至っては、INASOFTで利用しているのは org ドメインですから、1ヶ月あたり150円くらいしか安くなりません。
そもそも、orgドメインとかレンタルサーバって、格安なのです。

となると、効果的なのは1番目。
2000円近く安くなります。
12Mなんて、そんな高速で通信しないからダイジョブダイジョブ!!

・・・とか思っていたのですが、通信状態を監視してみると、以外と35〜70Mくらいの速度の通信をしているんですね。
動画を見る際のバッファのため込みの瞬間です。

まぁ、瞬間瞬間にその速度が出るだけなので、常時35〜70Mの通信ができている必要はないんですけどね。
ただ、HDDがガリガリ遅い状態と同じで、遅い通信が長引くと、引きずられて他の通信も遅くなってしまうでしょう。

何より許せないのが、スマホのLTE回線よりも遅くなってしまうことですね。
外出先でスマホを使っているときよりも、自宅でWi-Fiに繋いでいるときの方が遅いとか、あり得ない。

というわけで、1〜4のいずれも、選択肢から除外されてしまいました。
残念...


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営