2016年05月08日

いじくるつくーる開発休止後の補足情報


いじくるつくーる開発休止後に、ユーザーから寄せられた訂正情報や補足情報を記載しておくためのページを作りました。
内容について、作者が確認したり検証したりしているわけではなく、内容に保証はないので、内容のご利用については自己責任でお願いします。

だいたいこういう、様々な人から寄せられる情報同士が矛盾しているとか、過去と未来で書いている情報が異なるとか真偽がひっくり返るとかがしょっちゅうあるのが、レジストリ編集ツールを作っていて嫌になってしまう要因の1つです。

現在上記のページに書いてある情報にしても、2002年ごろに詳細なベンチマーク付きでユーザーから寄せられた情報を基に作っていたにも関わらず、当時の情報はただの迷信だったとか都市伝説だったとかいう結論になっていたりしています。

当時のユーザーによるベンチマークが、偽情報に振り回されたものだったのか、あるいは迷信だの都市伝説だのと書いている情報の方こそが偽情報なのか。まさか、情報提供者が嘘をついていたとは思えませんし。

僕にはそれを吟味するのは嫌になっちゃいましたので、吟味はしていません。
閲覧者の方が自身の目で吟味して欲しいという意図で、公開している情報です。

posted by ayacy at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | フリーソフト

「マンガ大好きコミックマーケット」って書いてあるけどソフトしか売ってなくて常識がズレて

同人活動というか、即売会関連のアマチュア制作をやりはじめたのが2002年くらいでして、だいぶ経ちました。

僕の同人活動のほとんどは、オリジナルのゲーム制作かサウンドトラック制作でしたので、実は「コミックマーケットでコミックを頒布する」という行為をしたことがありませんでした。

以前、年末頃だかお盆の頃だかのニュース番組の特集で「マンガ大好き!コミックマーケット開催!」みたいなテロップが着けられていたのを観て、そういえばコミックマーケットでマンガを売り/買いしたことがないな・・・と、思ったことがありました。


で、最近は、自分が書いた小説をマンガ化してもらったものを、コミティアで頒布してもらっているので、それのお手伝いをしに行くことがあるので、ようやく、こういう「同人誌即売会イベントでマンガを売る」という行為をするようになりました。


そこで知ったのは、「スケブ」って文化ですね。
名前くらいは聞いたことがありました。即売会で、お好みのサークルやお好みの絵師さんにお願いして、絵を描いてもらうヤツです。

ただ、同人ソフトを作っていると、スケブに縁が出てきません。
もちろん、ゲームにも絵がたくさん登場しますから、絵は非常に大切な要素なのですが、僕の場合、絵は外注してしまうことが多く、サークル内で絵を描くことがほとんどありません。売り子に絵師が立つこともありませんでした。

たぶん、僕にスケブを渡されても、書けるのは DirectX の初期化コードくらいでしょうか。
しかも、自作ライブラリでカプセル化しているので、他者が観たら絶対に分からないようなコード。

そんな状況なのは、もしかしたら僕の周辺も同じだったかもしれないですね。スケブを渡されるって、なかったので。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ソフト