2016年05月15日

インサイドヘッドを観てみた。う〜ん、トイ・ストーリーやモンスターズ・インクほどではない。

久々にレンタルDVD屋へ行ってきまして、少し前に散々宣伝をしていたディズニー/ピクサー映画「インサイド・ヘッド」を観てみることにしました。

image.jpeg

ディズニー/ピクサー映画というだけで、評価の敷居は高いわけですけど、まぁ、つまらなくはないけど、ワクワク度はちょっと低めだったかなぁ・・・って感じでしょうかね。

トイ・ストーリーやモンスターズ・インクのような、観ている間の興奮が収まらず、見終わった後の興奮も収まらないような、作品とは違いますね。

扱っている題材が難しいからでしょうね。

少女の脳内の、5つの「感情」達の物語、ということですが、内容としては、父親の都合による引っ越しで、友人や住み慣れた街との離別を苦悩する少女から、一時感情が欠落し、それでも「感情」たちのがんばりにより日常を取り戻していく・・・みたいなストーリーですからね。

そもそも、扱っている題材が暗いんです。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画