2016年05月27日

フィードバック設置の悪かった点を考えてみる

当サイトでは、フィードバックフォームを設けており、基本的には、メリットの大きな機能を提供していると考えていますが、たまに、この形式のフィードバックフォームではデメリットもあるなと考えることもあります。

例えば、記名については任意としており、質問を書く場合(返信が必要な場合)は、返信できる情報を記載するように求めています。
こうすることにより、記名という行為の障壁をなくし、投稿数を向上させることができると考えています。

ところが、たまに質問形式の投稿なのに返信先が書かれていないことがあります。
これには次の2つのような意図があると考えられます。

  • 返信先を書くことを忘れてしまった場合。投稿者は返信先を書いたと思い込んでいるため、作者からの返事が来ないとイライラ待つことになる。
  • 質問形式の投稿ではあるが、実は、しらじらしく「何かを気づかせようと」いう意図を持った文である場合。

後者の場合、質問形式で投稿されるとは限らないですね。
そういえば、次のような投稿があったことがありました。

確かその頃は、Windows用のインストーラ/アンインストーラを自作できないかと色々研究していた時期でした。
アンインストーラがアプリケーションを削除する際、最後には、自分自身を含めた全てのファイルを削除しなければなりません。
ところが、Windowsでは、「開かれているファイルは削除できない」という原則があります。アンインストーラ自身は、アンインストールの実行中は開かれているわけですから、自分自身を削除することができません。

もちろん、Windowsの再起動を伴うのでよければ、MoveFileEx()でレジストリ登録をして、再起動直後に削除するという手段があります。
しかしそれでは、あまりよろしくない。世の中にあるアンインストーラの多くは、再起動を伴わずとも、きれいさっぱり自分自身も含めて削除しているので。
アンインストーラを自作するなら、そういったあたりは、しっかり作りたかったのです。

そんなようなことを書いたところ、フィードバックで、「ヒント:すっきり!! デフラグ」という投稿がされました。
もちろん、返信先の記載は無しです。
質問形式の投稿ではありませんでしたから、返信先を書く必要も無いんですけどね。
投稿者のドヤ顔っぷりが伝わってきます。

しかしこのヒント、おそらく、的外れなことを書いているんだろうなぁ、と思うのです。
すっきり!! デフラグは、再起動時にコマンド実行をすることで、クリーンな環境でのコマンド実行を行うものです。だから、「実行ファイル自分自身を削除するには、再起動を伴わせれば良い」と言いたいのでしょう。

でも、上にも書いたとおり、再起動は伴わせたくないという前提条件から完全に外れています。
外れているのに、ドヤ顔っぽく投稿を寄せている様が、なんとも、不憫でなりません。
どうにかしてそのあたりをお伝えできれば良いのですが、残念ながら返信先が書かれていませんから、伝えることもできません。

いや、もしかしたら、もっとちゃんとした、ヒントだったのかもしれません。再起動を意図しているわけではないのかも知れません。
しかし残念ながら、こんな1固有名詞だけのヒントが伝わるわけがありません。全然伝わっていないです。しかし、返信先が無いので、聞くことができません。

こういうとき、今の形式のフィードバック(記名が任意)は、デメリットだなぁと思うのです。

posted by ayacy at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営