2016年05月28日

間違った名前で褒められたり惜しまれたりしても、ガッカリ感しか残らない

先日、作っていたソフトについてお褒めの投稿をもらったんですが、ソフト名が「いじくーる」ってなってて、そんな名前のソフトは作った覚えはないぞ!!と思うことが何回かありましてね。

「いじくるつくーる」開発休止に絡み、惜しんでいただいたり、お褒めの言葉をいただいたり、それはとても嬉しいことのはずなのですが、褒めたり惜しんだりするくらいなら、せめてソフト名は間違えないで欲しいなぁと思うのです。なんだか、ガッカリ来るんで。

多分、ここ13年、その人はずっと、ソフト名をその名前だと誤解し続けていたんでしょうかね。他の人に対しても、勘違いした名前で発信し続けていたんでしょうかね。 幸い、間違った名前(いじくーる)でググっても、Googleさんは正しい検索結果を出してくれてしまうんですね。

ijikuurutetnani.jpg

間違った名前で検索してもダウンロードページへ辿り着けてしまうことから、Googleさんの優秀さのおかげで(あるいはGoogleさんの優秀さのせいで)、その人は間違った名前でずっと覚えてきてしまったわけだ。


それとも、勝手に作った略語とかではなかろうな。 勝手に作った略語が、他人や作者本人に通じるとは思わないで欲しいなぁ。
posted by ayacy at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト