2016年06月30日

UIが雑!? 翻訳が雑!? なぜ現在進行形?

Windows 10を使っていて、気になったのですが、フォルダの右クリックメニューに「Windows Defender でスキャンしています...」という項目があります。

vrhiraku.jpg

なぜ現在進行形なのか?
現実には、スキャンは始まっておらず、これを選択することでスキャンが始まります。

こちらの記事によれば、このメニュー項目はWindows 10から付けられるようになったものなのですが、どうも翻訳者の知識が不足していたのではないかと思われます。

また、他のウイルス対策ソフトをインストールしていても、このメニュー項目は表示されてしまうのだとか。
(ググると、レジストリ編集によりメニュー項目を消す方法が見つかるので、消したい方はそちらをご参考に)

英語版では "Scan with Windows Defender" なのだそうで、現在進行形に翻訳する意味がありません。
結構細かいところで適当というか、日本人を監修に入れていないのがバレバレです。
以前のWindowsでは、こんな初歩的なミスは、なかったと思うのですが…。

まぁ、Microsoft社が公開するKBの自動翻訳が、色々とおかしいという話は以前からありました。
大量のKBの文書を手動翻訳していたら手間が掛かりすぎるので、自動翻訳するというのは、わからなくもありません。

ただ、Windows上のUIくらいは、日本語訳に日本人の監修を入れて欲しいと思うんですけどね。
ダメなんですかね。


posted by ayacy at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月29日

久々に「げんしけん」の続きを買ってみた。こういう展開になっちゃっていたか…。

「二代目」のアニメ放送が終わってから、しばらく疎遠になっていた「げんしけん」のコミックの続きを、久々に買ってみることにしました。

genshikenz.jpg

電子書籍で。

かつての「げんしけん」の舞台と同じところで、「婦女子」とか「男の娘」とか、新しい世界が展開し、初代のキャラも登場しハーレムになって来て、面白い感じになっていたので買い続けていたのですが、アニメ放送が終わったあたりで気が抜けて、なんだか買わなくなってしまっていました。

ただ、知人が話題に出したことで再び興味が再燃し、購入。
ハーレム展開が、もっと盛り上がってきました。いやぁ、まさか「げんしけん」がこんなストーリーの舞台になってしまうとはなぁ。第20巻の中盤付近では、思わず息をのむ展開。電車の中で読んでいて、変な汗が出てきて、周りを見回して、なんかも、どうしようか。

マンガを読んでいてこんな気分を味わったのは、久々な気がしますね。
次巻も普通に買うことにしようかな、と。



posted by ayacy at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2016年06月27日

懐かしの雑誌 I/O 。自分の青春時代に多大な影響を与えた号はどれだ

少し前の、ろじっくぱらだいすさんの記事に、1980年代に大流行した、コンピュータ雑誌 I/Oが無料公開されていますという情報が上がっていました。
(追記:著作権的にブラックだということが明らかになったため、リンクは解除します)

僕も、この雑誌は買った覚えがありまして、1980年代末期〜1990年代初めにかけて3冊ほど、だったかな。

当時はまだ、小学5年〜中学3年くらいのときだったと記憶しています。
確かこれを見て、付属のフロッピーディスクに収録されたゲームを遊び、自分もこんな感じでソフトウェア収録とかされてみたい!と思ったのが、フリーソフトを作り始めたきっかけの1つだったかと思いますので、僕の青春時代に多大な影響を与えた雑誌と言えます。

僕に影響を与えた雑誌は、自分の作品が多く収録された DOS/V POWER REPORT(インプレス) とか、多感な大学時代に多くのネタを提供してくれた TECH WIN (アスキー/エンターブレイン)とか、情報速度は速いが誤記の多かったネットランナー(ソフトバンク)とか、いくつかありますが、その中でも最初期のものです。

そんな最初期に、自分に影響を与えてくれた雑誌/号は、どれだったか・・・思い出すのも一苦労なわけですが、確か、1989年の夏頃だったはず・・・と思って探してみたら・・・

io_buttagi.png

なんだか、1988年・1989年ごろが、中途半端な状態になっているみたい…。
唯一アップロードされた1989年6月号を見てみましたが、たぶん、これじゃない。

うーん、残念。

でもこれ、載っている広告を見ているだけで楽しくなれそう。


続きを読む
posted by ayacy at 07:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | PC