2016年06月15日

「怪盗グルーのミニオン危機一発」を見まして。危機一髪じゃなくて危機一発か。

レンタルDVDを借りてきまして、「怪盗グルーのミニオン危機一発」を見ました。

image.jpeg

たしか、クレヨンしんちゃんの声の人が出ているけど、そのことに全然気づくことのできない作品です。
まぁ、そんなことは本編とは全く関係が無いので置いておいて。

鶴瓶さんって、けっこう良い声優っぷりですね。芦田愛菜ちゃんも。
そこら辺のタレント声優とは、一線を画してる感じ。

それに引き替え、ルーサーの吹替えをやっているのは誰だ!? アカンぞ、これは、アカンぞ! キレるぞ!
そんな吹き替えの品質が、物語の最初から最後まで、ずっと気になり続けていました。没入感が、ちょっと損なわれた。





posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2016年06月14日

ベクターで「いじくるLite」の新着ソフトレビュー記事を公開していただきました

ベクターさんにて、新着ソフトレビュー記事を公開いただきましたので、お知らせします。


作者からの、開発のきっかけや開発時の苦労話、お勧めする使い方なども載せていただきましたので、ご参考にしていただければと思います。




posted by ayacy at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2016年06月13日

iPad2をリサイクルに出してiPad Air2を買った話

2010年頃からiPad2を愛用しているのですが、一つ困ったことがあります。

なかなか壊れないんです。丈夫すぎるんです。バッテリーが劣化することもない。

買った当時は、PCを立ち上げずともブラウザでネットが閲覧できて、Twitterを閲覧できて書き込めて、Facebookを閲覧できて書き込めて、メールが読み書きできて、・・・と色んな用途で使っていました。

今となっては、ほとんどの用途はiPhoneに取って代わられましたが、それでも画面が大きいことを生かし、PCへのリモートデスクトップ接続やレンタルした映画の視聴、YouTubeの視聴、電子書籍のマンガの読書などの目的で使うことはあります。

唯一の難点は、それ以外の用途で使おうとすると、動作が遅すぎて使い物にならないことですね。例えばTwitterで投稿しようとすると、立ち上げから投稿まで1分以上かかります。たまに遅すぎて、何らかの処理がタイムアウトしたのか、アプリが落ちてそのままホーム画面まで戻ってしまうことがあります。

が、下手に頑丈なもんで、思い切って買い換えるに至らないのです。
(同じような贅沢な悩みを抱えている人は世界中にいるそうです。AppleがiPadで収益を上げにくい原因になっていると言っている人までいるほどに)

iPad2を最新のiPadに交換してくれるサービスとか、ないもんかなぁと思っていたのですが、Apple社がリサイクルプログラムを実施しているということを知りまして、さっそくやってみることにしました。

正確には、「Apple Renew プログラム」と言います。

ftaye1qdea_1image.jpeg

さきほどのリンクから、iPadの状態を入力すると、簡単な仮見積が行われ、金額が表示されます。
今回は、全く壊れた部分のないiPad2でしたので、その旨を入力すると、3000円と表示されました。
1000円程度になれば良いかなぁと思っていたので、3倍の価格が表示されたので、ちょっとビックリ。

その後、住所や名前などの情報を入力すると、5日くらいで小さい箱と梱包材が送られてきます。

指定の方法でiPadの初期化を行い、箱に詰めて返送するのですが、そこで軽く問題が発生。
この箱は佐川急便の着払いで送り返すことになっているのですが、佐川急便ってコンビニでの発送受付をやっていないんですね。

佐川急便で発送するには、営業所か取次店に持っていくか、電話をして集荷依頼をしなければなりません。
集荷の場合は、集荷の時間に自宅にいなければなりません。ここは一人ではどうしようもない。協力者に協力を依頼することに。

返送後、2日程度で、正式な見積金額がメールで通知されます。

ftbc7sr3lw_1image.jpeg


最初の見積もりと同じ金額になりました。よっぽどのことが無い限りは、減額されることはないみたいですね。
その後1日たって、正式なギフトカードがメールで送られてきました。

ギフトカードとクレジットカードを使って、Appleストアから、「iPad Air 2」と青いスマートカバーを買うことにしました。
あと、Amazonで、ブルーライトカットの画面保護フィルムも買うことに。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット端末