2016年06月18日

「バケモノの子」を待ちきれなくて見てしまった話

細田守監督のアニメ映画、大好きです。
個人的には、スタジオジブリ作品と同格くらいの立ち位置は、すでに、あるんじゃないかと思っています。たぶん、世間の評価もそうなっているんじゃないかな。

これまで3作品を見てきていますけど、「バケモノの子」も期待していました。
ただ、映画館に見に行くことはできなかった。時間的な余裕がなかった。

そんな「バケモノの子」が、地上波初放送すると聞いたので、それを待とうかとも思いましたが、待ちきれずにレンタルビデオ屋に行ってDVDを借りてくることにしました。地上は初放送が発表されたときの評判が高くて、いったいどんな作品なんだ?と気になってしまったってのもありましてね。

観た結果。やっぱり、映画館に行って、観たかったなぁ。
やっぱりこう、青年の心の葛藤とか、人間の心の葛藤とか、そういうのをうまく描けているの、いいですなぁ。

途中から人間世界と行き来するようになって、ストーリーが交錯すぎて最後はどう結末を描くんだろうと思っていたら、張っていた伏線を持ってきましたね。

それにしても、役所広司も大泉洋も、津川雅彦も、タレントだけど声優としてもいい演技しますよなぁ。
そこら辺の、やって意味があるんだかわからんようなタレント吹替えとは、格が違いますな。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画