2016年06月29日

久々に「げんしけん」の続きを買ってみた。こういう展開になっちゃっていたか…。

「二代目」のアニメ放送が終わってから、しばらく疎遠になっていた「げんしけん」のコミックの続きを、久々に買ってみることにしました。

genshikenz.jpg

電子書籍で。

かつての「げんしけん」の舞台と同じところで、「婦女子」とか「男の娘」とか、新しい世界が展開し、初代のキャラも登場しハーレムになって来て、面白い感じになっていたので買い続けていたのですが、アニメ放送が終わったあたりで気が抜けて、なんだか買わなくなってしまっていました。

ただ、知人が話題に出したことで再び興味が再燃し、購入。
ハーレム展開が、もっと盛り上がってきました。いやぁ、まさか「げんしけん」がこんなストーリーの舞台になってしまうとはなぁ。第20巻の中盤付近では、思わず息をのむ展開。電車の中で読んでいて、変な汗が出てきて、周りを見回して、なんかも、どうしようか。

マンガを読んでいてこんな気分を味わったのは、久々な気がしますね。
次巻も普通に買うことにしようかな、と。



posted by ayacy at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ