2016年08月28日

PS VITAがあるんだから、いろいろ買えるじゃん!と思って「うたわれるもの」

今まで「あー、Nintendo3DSではなくて、PCでもなくて、PS VITAで出るのか。遊べないなぁ」と諦めたゲームがいくつかありました。
が、先日、PS VITAを買ったわけなので、そうやって諦めていた作品が遊べるようになったのでした。

というわけで、早速買ったのが「うたわれるもの 偽りの仮面

image.jpeg

前作のWindows版「うたわれるもの」は、大学時代にプレイ済みです。すげぇ楽しめました。
その後、それを原作とするアニメ版「うたわれるもの」と、アニメ版「うたわれるもの 偽りの仮面」も観ています。

だから、ストーリーは知っているんですけどね。
ゲームとして、改めて楽しみたいと思いましてね。

たしか、単純クリックのサウンドノベルではなくて、ちゃんとバトルができるようになっていたはずなので。


で、来月には、3作目となる続編も出るはずですし。
それまでにプレイしてしまわねば!



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2016年08月27日

Windowsでパイプに流す文字列の文字コードは何にするのが良いか…

昨日、コピペテキスト修飾除去でPython3.4直接呼び出しを止めてパイプ経由での文字列渡しをするということを考えていることを書いたわけですが、いざ、具体的に実装しようとした場合、パイプから文字列を読み込んで解釈するプログラムは、どんな文字コードが来ることを期待しているのか…ということに迷いが生じました。

普通にやっていると、Shift-JIS(正確にはCP932)で文字列をやりとりしときゃーいいのかなぁ…なんて、軽く思ってしまいます。
ただし、「コピペテキスト修飾除去」は、内部的にはUTF-16LEで動作しているので、可能ならこのままパイプに流し込みたい。

いや、まてよ。最近の流行を考えると、UTF-8に対応させておくというのも重要か。

そういうことなので、パイプに流す文字列の文字コードは「Shift-JIS」「UTF-16LE」「UTF-8」の3種類を準備するってのが、利用者にとって利便性が高いかな、と考えています。

ところで、Windowsの世界では、「UTF-16LE」を指して「Unicode」と呼ぶことが多いですね。
実際、このソフトの解説でも、そのように書いていることがあります。

「USBメモリ」を「USB」と呼んだり「Wikipedia」を「Wiki」って呼ぶみたいな感じで、なんだか気持ち悪いのですが、一般的にそう認識している人が多いのも確かで(Windowsに付属するソフトがそう呼んでいるし)、多くの人に分かりやすく意識してもらうために、どういう名前で載せるのが良いのか、ちょっと悩みますね。

自分の気持ち悪い感情を捨ててでも、一般的な表記にするか。
あるいは正確を期した表記にするか(一般的な表記ではないので、分からない人から質問が来るかもしれない)。

まぁ、「UnicodeかUTF-16LEかで質問を出してくる」リテラシーレベルの人が、「文字コードを選択しようと考えるシチュエーション」に陥るというのも、おかしな話でもありますかね。




posted by ayacy at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2016年08月26日

「コピペテキスト修飾除去」の「Python呼び出し機能」の削除予定

作者は「コピペテキスト修飾除去」を文字列加工の目的で使用することが多いです。

特に、フローティングさせておくことのできる実行ボタン
FloatingDlg.png
と併用すると、クリップボードにコピーした文字列の加工を行うタイミングを任意にできるので、やりやすい。

ところでこの上にある「×」ボタンについては、実行ボタンを非表示にしたい場合のために設置しています。
その目的のためとしては便利で、作者も利用するのですが、誤って押してしまうこともまた多い。
というわけで、この「×」ボタンを押したときに確認ダイアログを出すかどうかを選ぶ設定を追加しようかと考えています。

と、ここで設定ダイアログを出して思い出したのですが、文字列加工用途の究極手段として、Pythonスクリプトの呼び出し機能が存在しています。
ってか、すっかり忘れてました。設定ダイアログの下の方に常設されているにもかかわらず。

というのも、作者はこの機能を全く使っていないんですね。理由としては、

  • 通常の加工用途としては、正規表現を利用した置換機能で十分

というのがあるかなぁ、と。
また、Pythonが利用可能な状況になっていることが少ないことや、当時対応していたバージョン(Python ver.3.4)がすでに過去のバージョンになってしまっているのも遠い理由の一つかもしれません。

今後、複雑な文字列加工を行いたい場合に、何らかのスクリプト言語を使いたくなることはあるかもしれませんが、入出力に1行の文字列を使うだけなのにPythonの直接呼び出し機能というのも、やりすぎかなぁという気もしています。

もっと汎用的に、もっと疎結合にすることもできるはず。
例えば、OSのパイプ機能を使うとかですね。

やり方は色々あると思うので、シンプルかつエレガントな方法を考えてみたいと思います。

【8/27】続く

posted by ayacy at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト