2016年09月09日

「CaptureSaveAs」にポータブルモードを付けました

昨日付で、「CaptureSaveAs」ver.1.15βを公開しました。

ダウンロードはトップページから。

主な変更点は、設定保存先をレジストリではなくiniファイルにする「ポータブルモード」の実装です。
他の拙作ソフトウェアと同様に、/O オプションを付けて起動するか、exeファイル名を CaptureSaveAs_o.exe にリネームしておけばポータブルモードとなります。

昨日までにキーボードシミュレータの改修を行っておりました。こちらは逆に、これまでの設定保存先がiniファイルだったので、設定保存先がレジストリにもなるような機能追加をおこないました。

このとき、.NET Framework 用に、設定保存をレジストリでもiniファイルでもどちらでも選択できるような、ハイブリッドな設定保存ができるクラスを作成したので、CaptureSaveAsにも転用した形になります。

ただ、キーボードシミュレータC# で作られているのに対し、CaptureSaveAsVB.NET で作られているので、コードの書き直しはしましています。設計のみ流用しました。

ちなみに同じように、「複数行置換」も VB.NET で作られたソフトウエアで、現在のところ、設定保存はレジストリに対してのみ行っています。こちらも同様に、できれば設定保存先をiniファイルにも切り替えられるようにしたいところなのですが、設定保存したい項目の中に複数行のものがあるなど、あまりiniファイルと親和性がよろしくないところもありまして、一端見合わせています。

もちろん、複数行相当の設定をiniファイルに保存することも可能だし、そもそもiniファイルではなくてXMLに保存してしまえば良いんじゃないか!?という考え方もあるんですけどね。それも含めて、検討中です。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | フリーソフト