2016年09月27日

改行コード変換Liteのヘルプで見つけちゃった……

「改行コード変換Lite」について、致命的ではありませんが、少々問題が見つかったため、また今週末あたりにでも新バージョンへの更新をしようかと思っています。
何が問題かというと、ヘルプファイル(lcguilite.chm)のファイル構成に、settmstc.exe(タイムスタンプを指定のファイルと合わせる機能のコマンドライン実装)を追加し忘れたこと。
実使用上の問題はないかと思いますが、このままでは気持ち悪いので。

また、しばらく使っていて、やっぱり直した方が良いだろうなぁと思えてきた点も出てきました。
具体的には、

  • 「出力ファイル/フォルダ名」の入力項目名称はチェックボックスのON/OFFによって切り替わるが、これが未入力だった場合のエラーメッセージが、出力ファイル/フォルダ名の両方に対するメッセージになってしまっており、わかりにくいこと。その時のダイアログ上の項目名称がエラーメッセージで示されるようにしたい。
  • 出力ファイル名に対する、エクスプローラーからのファイルのドロップができない。

後者については、出力ファイルはツール開始時点では存在していないのだから、ファイルのドロップは不要だろうという考えがあったのですが、改行位置を何度も調整しながら実行する場合など、出力ファイルを上書きすることを前提にこのツールを使う場合がでてきました。

そのため、出力ファイルがツール開始時点で存在することもあるわけで、その場合は、出力ファイル名に対するエクスプローラーからのファイルのドロップは必要となります。

というわけで、ここら辺の一通りの改修を加えたバージョンを、今月末か来月初めくらいに公開しようと思います。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト