2016年10月06日

boost::regexとstd::regex、どっちが使われているのだ!これは!

先日、Visual C++ 2010にstd::regexが入っていることに全然気づいていなかった!という趣旨の記事を書いたわけですが、ふと、疑問が。

先日、だいぶ前に書いた自作のソースコードを見ていたら、こんな記述が。

sb_regex1.png

自作のソースコードなのに、なんだか香ばしい匂いがします。とりあえずusing namespaceとか。
まぁ、その善し悪しは、今回は置いておくことにしまして。

で、その下の方に次のような記述がありました。

sb_regex2.png

さて、このwregex は、std::regex なのか? boost::regex なのか?

このプログラムの作成当初は、Visual C++ 2005 を使っていたので、明らかに boost::regex だったのですが、Visual C++ 2010 を使っている今となってはどうなるのでしょう?

名前空間の中に同じクラス名がいる場合、そのクラス名を使った途端にコンパイルエラーになるはず。
でも、現実には、なっていない。

そこもよくわからないけど、ならばどちらが使われているのか?




続きを読む
posted by ayacy at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

2016年10月05日

主要ページのUTF-8化をやってみた

当サイト内の主要ページについて、文字コードをShift-JIS(SJIS)からUTF-8に変更しています。

すでに、動的に生成しているページについて、内部データの表現形式としてはUTF-8で扱っているのですが、それを表示(HTMLに出力)するにあたって、無駄にShift-JIS変換をしていたりします。そこら辺の最適化が目的です。

index, ダウンロードページ, Web版ヘルプページ, 更新履歴, 更新履歴のRSS等々をUTF-8化しています。
うまく表示されないページなどありましたら、お知らせ下さい。

特にWeb版ヘルプはページ数が多く、動的生成部分も多いため、管理人の目で確認し切れていないところもあるので。
(コメントの一部は、ちょっと化けちゃっているものもありますが、ご愛敬)

ところで、index等のWWWC向けの配信情報については、SJISのままにしてあります。これは、WWWCがSJISにしか対応しないためです。そのため、全体がUTF-8にもかかわらずその部分だけがSJISで表現されているため、WWWCメタタグ部分だけ文字化けしているように見えます。
vsrc_icountt.png

いちおう、ダブルコーテーションで区切られているとは言え、UTF-8のマルチバイト的に周囲に悪影響を与えてしまわないかが、ちょっと心配。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト運営

2016年10月04日

投稿者に再質問したいけどできない…。質問や不具合報告の投げっぱなしは勘弁を。

だいぶ前に書いたことがありましたが、うちのサイトで公開しているソフトウェアについて、うまく動かなくて、どうしようもないのでアンインストールしようとしたがそれもできないが、どうしたらよいか?という問合せを受けたことがありました。

示されたソフト名は、たしかにうちのサイトで公開しているソフト名なのですが、詳しく話を聞いていくと、どうも話がかみ合わない。
で、よくよく聞いてみると、別のサイトからダウンロードした全然違うソフトをインストールしていた・・・みたいなことがありました。

利用者が「明らかに不具合である」と認識していたとしても、とてつもない勘違いが発生している可能性は、起こりえることです。


先日・・・というか、具体的には9月28日13時頃と、10月2日午前1時頃にフィードバックよりご連絡を頂いたお二方なのですが、不具合報告内容を読み取ることが困難となっております。まず不具合報告の意味が、うまく読み取れません。精一杯意味を推測して再現試験を試みても、その不具合は作者環境を始めとするいくつかの環境で再現できません。

しかも、「返信は不要。対策版の公開を以て返信としてください」といった趣旨のことが書かれていて、こちらから返信して詳細をお伺いすることのできるメールアドレスやSNSアカウントや、その他有効な連絡等になっていません。

もし、上記のような投稿に心当たりのある方がいらっしゃいましたら、このブログのコメント欄でやりとりさせていただくのでも構いませんし、フィードバックページへの再投稿で連絡先をいただくのでも構いません。ひとまずご連絡をお願いします。


続きを読む
posted by ayacy at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト