2016年11月21日

スーパーマリオメーカー for 3DSを予約してきた


多分本来、このソフトは、Nintendo 3DSのユーザー・インタフェースにこそ親和性が高いはずのソフトなんですよね。
だからきっと、最初は3DS用に開発をしようとしていたんじゃないかと勝手に考えています。

ただ、Wii Uのためのキラーコンテンツも開発しなければならない思いから、最初はWii U向けに作ったんじゃないかと思っています。勝手に。
まぁ、Wii Uのゲームパッドがあるとか、通信・共有機能のおかげで、Wii Uにとっても親和性の高いソフトだったかもしれません。

でもたぶん、3DSにこそ合っているソフトなはず。

というわけで、購入します。
予約してきました。とはいって、お店で予約してきたのではなく、ダウンロード予約で。

mario_maker_3ds.JPG

ゲーム屋でもコンビニでもなく、3DS上で予約をしたのは初めてですね。
12月1日が配信開始ですが、説明書を見てワクワクすることはできます。

IMG_1446.JPG

いやぁ、ワクワクしますね。
マッハライダーレッキングクルーを思い出しますね。ステージエディット機能。

Wii Uで作られた人気コースの配信もあるそうで、そっちも大いに楽しみです。
末永く遊べるゲームになりそう。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2016年11月20日

クロノ・クロスの進み具合…たぶん終盤に近づいてきた?

昨日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。

もうインフルエンザは流行の時期に入ってきてしまったとのことで、ちょっと遅かった感じもします。
ただ、ここ1ヶ月ほど、2度にわたって風邪をひいてしまいまして、ようやく体調回復してインフルエンザの予防接種にこぎ着けた感じです。

高校生になったあたりから、つい最近まで、あまり風邪をひいてこなかったので、自分の体は強くなったんだと誤解しておりました。
周りに風邪を引く人がいれば、容赦なく風邪は感染するのです。強い弱いは、あまり関係ない。
うがいによる予防効果もたかが知れていると、先日のテレビ番組で放送されていましたし。イソジンうがいは逆効果だと述べているサイトもありましたし。周りに風邪をひいた人がいないこと(自分が風邪を引いたら周りにうつさないようにすること)こそが、大事ですね。

さて、そんな風邪でなかなか進めることの出来なかった「クロノ・クロス」(PS Vitaでプレイ)ですが、ようやく進めることができるようになりました。

IMG_1447.JPG

なにやら六龍の祈りを集めろとかいう話になって、世界二つを股に掛けて、あちこち回りました。途中、亜人達の住んでいたという島を救済しつつ。
で、古龍の砦にリベンジするところです。なんだか終盤的なムードが漂っているので、終盤に近いんじゃないかと勝手に解釈しています。

早く終わらせて、「うたわれるもの」(PS Vita)2つも終わらせて、「スーパーマリオメーカー for 3DS」と「ポチと! ヨッシー ウールワールド」(3DS)も終わらせて、来年3月16日に控えるゲーム(PS Vita)をプレイするのです。


posted by ayacy at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2016年11月14日

マウスふるふる - ピクセル単位かミッキー単位か

おととい、「マウスふるふる ver.1.12.04」を更新しまして、「ピクセル単位ではなくミッキー単位」だったことが判明して表記を修正・・・という更新を加えたわけですが、この件について。

本ソフトはマウスを一定時間おきに振るわせることで、スクリーンセーバーやスリープ状態に不意に突入してしまうことを一時的に抑止するためのソフトです。ところがマウスの制御をする場合に、リモートデスクトップや仮想PCのクライアント側に本ソフトが入っていると、マウスの制御がうまくできないことがあります。その場合、シフトキーを瞬間的に押し離しする設定を利用することを勧めなければなりません。

元々は別の目的・・・サードパーティ製のリモート接続を利用しているときに、リモート接続であることを検出できていない件について調査をしていました。
例えば、具体的にはシトリックスのレシーバーとか。

そのため、見方を変えて、例えばマウスが想定通りの震え方になっていないとき、それを検出して、シフトキー押し離し設定を利用するよう勧める・・・ということも考えられました。

で、マウスを1ピクセル動かす指令を出したのに1ピクセル動いていなかったら・・・それが4回連続で発生したら、警告メッセージを表示する・・・といったことを考えました。

元々の想定では、リモート接続などのクライアントで本ソフトを起動した場合と、ロック画面にした場合に、このメッセージが表示される・・・はずだったのですが、何故か常時このメッセージが表示される状態に見舞われました。

で、色々調べてみたら、1ピクセル動かしているつもりが、実際には1ミッキー(100分の1インチ)しか動かしておらず、マウスカーソルの座標検知ではひっかかってこないことが判明したわけです。
(動いた距離が1ピクセルに満たなくても、スクリーンセーバーやスリープ状態に不意に突入してしまうことは抑止できるため、本ソフトの目的は果たせています)

というわけで、記載の修正をしました。

今後の更新に向けて、うまく、(サードパーティ製を含めた)リモート接続かを検出できるようになったら、次の更新を行いたいと思います。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト