2016年12月18日

スーパーマリオRUNをダウンロードして遊んでみた

実は、スマホ/タブレット向けのゲームは、ほとんど遊んだことがありません。
遊んだことがあるのは、iPad2購入初期に購入した、虫姫さま2と、スペースインベーダーが進化するヤツと、ゴムで鳥を飛ばすヤツ(この前、映画になった)・・・くらいだったかと記憶しています。あと、キャンディークラッシュのシリーズの一つをちょっとだけ。

別に、スマホ/タブレット向けのゲームがキライとかゲーム性がアレとか、そういったわけではなく、単にその習慣がなかっただけ、・・・だと思っています。

で、天下の任天堂が、iPhone向けにゲームを出したということで、こりゃプレイせねばならんなということで、プレイしてみることにしました。
スーパーマリオRUN」です。

すでに各所で報じられているとおり、マリオは自動的に走るので、ユーザーは画面をタップして、マリオをジャンプさせるのみの操作しかできません。
ただ、ジャンプ先に壁があれば跳ね返るし、ジャンプ先が動く床なら次にジャンプするまで止まったままだし・・・と、ジャンプ一つで驚くほど多彩なアクションができますので、飽きません。

1-1(地上ステージ), 1-2(地下ステージ)くらいなら、さほど難しいアクションも必要としないため、4歳児でも楽しむことができる様子。

IMG_1599.JPG

1-3がアスレチック面、1-4が城となっており、さすがにここら辺から難しくなります。
このゲームはFREE TO START型となっており、1-4以降をプレイするには1200円を支払う必要があります。

1-1, 1-2は非常に緩く、この程度の難易度だったらさすがに、続きをプレイする気が起きなかったのですが、1-3あたりから難易度が上がってきて、さらにピンクコインを本気で集めようとすると、難しい上に少々頭を使わないといけないステージもあるとのことで、購入してみることにしました。

買い切り型1200円というのは、なかなか珍しいコトなのだそうで、ネット上では賛否両論あると聞きます。
自分にとっては、マリオシリーズのゲームが1200円で遊べるのならば「安い」と思いましたので、迷わず1200円を払うことにしました。

んで、そのまんまクリア。

IMG_1601.JPG

3時間ほどでクリアできました。(ピンクコインは集めていません。とりあえずラスボスを倒すところまで)
ああ、短い。続きをもう1200円払って買えるなら、ぜひ買ってみたい。

城ステージ・お化け屋敷・飛行船・砂漠など、従来のマリオステージに出てきて様々なタイプのステージが登場しました。
お化け屋敷は、頭を使わないと解けないこともあって、なかなか難しい。
思った方向に進めないという新ルールをうまく使ったパズルみたいな感じです。

任天堂が真正面から、本気でスマホゲーム作りに取り組んだってことでしょうね。
非常に手が込んでいます。
アクションも、音も、違和感ない。没入感が非常によろしい。

しかも、このタイプのゲームなら、遊びながら車を運転するようなアホも出てこないでしょうから。倫理的にもよろしい。

あえて苦言をするならば、もう2倍くらいステージ数が欲しかったな、ってことでしょうか。まぁ、ピンクコイン集めなど、やりこみ要素があることを考えれば、まだまだ遊べるとも言えそうです。

あと、水中ステージが無かったこと。タップで泳ぐ操作というわけにはいかなかったんでしょうかね。
まぁここらへんは、続編に期待したいところです。

というわけで、スマホ×マリオ も、ゲームのルール次第で非常に相性が良い組合せになるということもわかりました。
スマホでゲームをする習慣のなかった自分も、スマホでゲームをやることの習慣が芽生えちゃうかも。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2016年12月17日

「うたわれるもの 二人の白皇」プレイ完了

(前半ではネタバレしません)


11月29日に、「うたわれるもの 偽りの仮面」(PS Vita)のプレイを開始し、12月6日に「うたわれるもの 二人の白皇」(PS Vita)のプレイを開始し、昨日(12月16日)未明、クリアしました。

偽りの仮面」も長かったが、「二人の白皇」はもっと長かった。
終盤かと思っていたところは中盤でしかなくて、そこからようやくストーリーの核心が始まり、前作「偽りの仮面」で事件を起こした犯人がようやくわかるようになり、前々作の舞台トゥスクルに行ったり、前々作の登場人物が次々と登場して、ついに「あの人」まで登場して、ストーリーは強烈に盛り上がっていきました。

やっぱり、ゲームというのは総合芸術ですね。
ユーザー入力とそのレスポンスがゲームの中心ではありますが、ストーリー・絵・効果音の組合せ、BGMとの組合せ。
ゲーム作品ってのは、人間の感覚のほとんどを使う演出を行い、没入感をもたらす。

特に「二人の白皇」は、BGMの使い方がすばらしい。
「偽りの仮面」のアニメ版OPテーマである「不安定な神さま」と「不安定な神さま・劇伴」を伴うストーリーの盛り上がり・演出・BGMの入り方が最高。

ってか、前作のアニメ版のOPテーマを次回作のBGMに使うとか、アリなんですね。
けっこう避けがちなことだと思っていたんですが、タブーを破ってこそ、呼べる感動ってのもありますからね。まぁ、タブーってのは言い過ぎか。そもそm、アクアプラスの社長が作曲している曲なんだし。

OPテーマとして単体で聞いているときとは異なる、気持ちの高ぶりを味わえました。
やっぱり、うたわれるものは最高ですね。作り手の気合いの入り方が違う。


続きを読む
posted by ayacy at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2016年12月16日

久しぶりにフリーソフトが雑誌に載りまして

IMG_1594.JPG

久しぶりに「いじくるつくーる」が雑誌に載りまして、掲載誌が自宅に届きました。
ありがたいことです。

15年くらい前は、まだインターネットのブロードバンド化が進んでいなかったこともあり、フリーソフトの入手は、インターネットからのダウンロードよりも雑誌付録メディアから入手する機会も多かったと記憶しています。

今となってはインターネットからのダウンロードが極当たり前になり、PC個人利用自体が減少傾向にあることも相まって、こうした、雑誌付録メディアにソフトウエアが掲載される機会が非常に少なくなりました。

そんな中で掲載いただき、掲載誌を送っていただけるというのは、大変ありがたいこと。

ただ、そうなると、逆にどんなターゲットを狙って、こういったメディア付きの雑誌が出されているか、気になりますね。
前述の通り、ネットからのダウンロードが一般的になった昨今。もちろん、すべての人がネットに繋がっているとは思いませんから、そういった人たちのために…というのは、有効かと。

ただ、そういった人が買ってくれる機会が大きく減少している最中で、果たしてプラスの利益を出すことができるのか、気になるところではあります。もちろん、議論を重ね、プラスの利益を出せる目処があるからこそ、出しているんでしょうけど。お節介かもしれないですが、ちょっと心配になってしまいました。




posted by ayacy at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト