2016年12月01日

スケジュール管理は紙かデジタルか


2016年もいよいよ12月になりました。まだ2016って言い慣れていないのに、もう2017年になってしまうのですね。早すぎますね。
今年は他の年に比べて1日多かったというのに。
話が逸れましたが本題へ。

1月で切り替えるタイプの手帳を使っている方にとっては、手帳の切替え時期になります。
ちなみに僕も、紙の手帳を使っていますね。
ただし、切り替え時期は4月なので、買い換えるのは、もう3ヶ月先になります。

基本的なスケジュール管理は紙の手帳で行っていますが、会社で他の人とスケジュールを共有する必要もあるため、デジタルツールのスケジュール管理も併用しています。
PC上のスケジュールとスマートフォンのスケジュールが同期してくれますし、社内の他の人へもスケジュールを共有(公開)できますし、社内の他の人が僕のスケジュールを押さえることもできます。
(もちろん、僕が社内の他の人のスケジュールを押さえることもできます)

ただ、デジタルツールのスケジュール管理は、

  • 即時性
  • 一覧性
  • イラストや表が書きづらい
  • お客様の目の前での記入がしづらい

など、やはりまだまだ、紙タイプの手帳には適わない点がおおいんですよね。
全ページが電子ペーパーになって、文字認識して、デジタルのスケジューラと同期を取ってくれたらベストかなぁとは思いますが、現在の技術ではコストパフォーマンスが悪そう。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記