2017年01月31日

急にRaspberry Piが欲しくなりました2…初めてのLチカ

先日、急にRaspberry Piが欲しくなり、Amazonで購入しました。
購入したのは「Raspberry Pi 3 model B」です。

電子工作をして、ゆくゆくはシャッターを自動で閉めるとか、外出しながらエアコンの電源を入れるとかいったような、自宅内の物理的なオートメーションであるとか、IoTみたいなことを試してみたいと思っていました。

ところが、64bitのクアッドコアCPUを搭載し、メモリが1GBあり、普通にLinuxのコマンドが使えます。HDMI出力で普通にGUI環境としても使えます。LibreOfficeも入っているし、プログラミング環境も充実していますので、普通にPCとして使用できてしまうんですね。

なのでしばらくは、PCとして遊んでいました。
次に「外出先からエアコンの電源を入れる」ために、VPN環境の構築が必要だろうとういことで、VPN環境を整えてみたり、Web経由で指示を出すためにダイナミックなWebシステムの構築が必要だろうということでLAMP環境(Linux+Apache+MySQL+PHP)を整えてみたり、・・・みたいなサーバとしての遊びをしていました。

で、そろそろ元々の目的だった電子工作もやってみたくなりまして、電子工作の入門書と、スターターキットを購入してきました。

IMG_2035.JPGIMG_2036.JPG

こういう学習環境が整っているのは、良いですね。さすがは皆に愛されるRaspberry Piといったところか。

本を見ながらブレッドボード、LED、抵抗、タクトボタンを並べまして、「通常時はLEDが点灯するが、ボタンを押すとLEDが消灯する」ようにしてみました。

IMG_2033.JPGIMG_2034.JPG

これが俗に言う「Lチカ」ってやつですね。

小学生の頃に、単三電池と豆電球とモーターを使って遊んだことはありましたが、こういった電子工作は初めてですね。
なかなか感動。

ここからシャッターの開け閉めやエアコンの電源投入に到達するには時間が掛かりそうですけどね。

そういえば、スターターキットの中を覗いてみると、モーターっぽいのとか、温度・湿度センサっぽいものが入っています。

【追記】モーターは見間違えでした。5V/0.05Aで動作するファンを買って来た方が早いですね。
【追記2】CPU温度を測るだけなら /sys/class/thermal/thermal_zone0/temp (テキストファイル)を覗けば1000分の1℃単位で摂氏の温度が文字列で格納されています。

実は夏場になると、自宅に配置しているモデム兼ルーターやスティックPCが40〜50℃くらいまで熱を持ってしまうのが悩みの種で、卓上扇風機を設置しています。


続きを読む
posted by ayacy at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2017年01月28日

急にRaspberry Piが欲しくなりました

ふと、家庭内でシャッターを自動で下ろしたり、カーテンを自動で開け閉めしたり、エアコンを自動でON/OFFしたりとかを、DIYで実現するにはどうしたらよいか?と思いました。

スマートフォンから操作するならば、いわゆるIoTってやつでしょうか。
時間が来て自動的に実行するならば、小型のコンピュータを仕込んで、Linuxでいうところのcronを仕込んで、信号を流して、モーターで紐を引っ張るとか、とかとか。

たしか、昔のニュースで見かけた、こういうのを安価に実現するオモチャみたいなPC(サーバ)があったよなぁ・・・と思い立ち、急にRaspberry Piが欲しくなりました。
Amazonで調べたら、金額は5000円そこそこ。

今では、CPUは64bitになり、コアが複数あって、メモリもたっぷりで、そこそこ大きめのmicroSDカードを差し込めば使えてしまうのだとか。
いいですね。

というわけで、Raspberry Pi 3 model B と、それを覆うケース32GBのmicroSDカードを購入してみました。


ケースは、せっかくなのでスケルトンです。

IMG_1996.JPG

大きさは、ちょうどタバコの箱くらいのサイズですね。
上の写真だと、左下がLANのコネクタ、中央と右側にUSB差し込み口が4つあります。
こんな小さいのに、一昔前の巨大パソコンよりも性能が良いってんだから、ビックリです。
しかも価格は5000円くらい。すごい時代になったもんです。

IMG_1998.JPG

USBでキーボード/マウスを差し、LANケーブルを挿し、microUSBで電源を供給し、HDMIでモニタ出力をしています。
線があちこちから繋がって、なんだか急にモッサリした感じ。

IMG_1997.JPG

Windows PC上でmicroSDカードの中にOSを準備してやって、Raspberry Piに差し込み、microUSBから電源供給を開始すると、20秒そこそこでデスクトップ画面が立ち上がります。

ブラウザもあるし、Officeもあるし、ゲームもあるので、これだけでもそこそこ遊べます。
IMEが入っていないから、日本語入力はできないけど。

まぁ、普段の使い方は、外部(Windows PC)からSSHで接続して、コマンドベースで作業を行うので、日本語入力には支障はありません。

しばらくはこれ単体で遊んでみて、慣れてきた、ピンに線を繋いで工作みたいなことを試してみようかと思います。



posted by ayacy at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2017年01月27日

最近、radikoのおかげでラジオを聞くようになってきた

最近、自分の生活様式に大きく影響を与えたスマホアプリといえば、radiko.jp があります。

IMG_1986.JPG
(画面はスマホアプリ版ではなく、PSVita版のradiko.jp)

自分が18歳くらいの時は、土曜日の深夜(土曜日23:00〜日曜日3:30)に、文化放送をよく聞いていたものでした。
19年前のことになります。もう、人生の半分よりも前の出来事。

一浪して大学に入学して以降、定期的にラジオを聞くことはなくなってしまったのですが、最近再び、ラジオを聞くことが多くなってきました。
radiko.jpのおかげ。

電車に乗っているとき、スマホをいじることがありますが、画面をじっと見ていると気持ち悪くなって来ちゃうんです。
画面を見なくても情報を得たいとなると、耳を使うしかないわけですが、radiko.jp がピッタリでした。

ちょうど出勤時間帯に伊集院光さんの番組が放送されていたり、帰宅時間帯に荻上チキさんの番組を放送していたり、なんとなく落ち着けるんです。
ちなみに、伊集院光さんの番組は8:30〜11:00なので、最後まで聞くことはできないのですが、タイムフリー再生ができるので、後からでも聞くことができるのが良いですね。
テレビとは異なり、ラジオでは、後から聞くためのインフラがこういった形で提供されているのが素晴らしい。
僕の中では最近、テレビよりもラジオが優位になってきているかも。

ただ、タイムフリー再生をしていて、たまにアプリが落ちることがあるんですよね。スリープと再開を繰り返しているからか。
何分頃まで再生したのかを覚えておかないと、続きを聞くために何度もシークを繰り返さないといけない。そんなことをしているうちに、またアプリが落ちる。

ちなみにiPhoneでアプリが落ちる場合、Windowsみたいに「落ちました」エラーダイアログが出るわけではなく、無言でホーム画面に戻るんですね。ちょっとビックリします。

ここらへん、もうちょっと安定してくれたら、うれしいです。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ