2017年01月21日

「ポチと!ヨッシー ウールワールド」(3DS)を買いまして

ポチと!ヨッシー ウールワールド」をダウンロードにて購入しました。

yoshiuru.jpg

元々の「ヨッシー ウールワールド」は、Wii U向けに発売されたゲームです。
これまでの、「ヨッシーアイランド」「ヨッシーアイランドDS」「ヨッシーNewアイランド」は一通りプレイしてきましたので、ぜひ「ヨッシー ウールワールド」もプレイしたいと思っていたのですが、うちにはWii Uがありませんので遊べずにおりました。

Wii U向けのゲームコンテンツとして作られて、Wii Uを買ってもらいたいがために販売したのでしょうけど、そのWii Uは生産終了になっちゃいましたからね。遊べる機会ももうないかな…と。もしかしたら将来、Wii U向けのゲームが、未来の「バーチャルコンソール」として配信される日が来たら、未来のハードウェア上で遊ぶこともできるかも知れないな…なんて思っていたんですけど。

ポチと!ヨッシー ウールワールド」という形で3DS向けにリメイクしてもらえるということで、こりゃ買うしかないな、と。
予約ダウンロードで購入しました。

とりあえず、ワールド2まで進んでいます。

IMG_1960.JPG

ヨッシーのシリーズは、独特の世界観を歩んでいますね。
女子ウケしそうな。

癒やし系キャラってやつですかね。

でもきっと、ゲームそのものは、とくに後半の方は激ムズの難易度になっていることを期待したいと思います。


余談ですが、この作品の、「Now Loading...」が出ているときの音が好きだなぁ。




posted by ayacy at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2017年01月20日

フリーソフト収録雑誌とエロコンテンツの相性を考える

以前、フリーソフトの雑誌収録が多かった時代、収録誌は大きく4つに分類できたと思う。

1.純粋なPC雑誌。技術情報やDOS/Vパーツ情報も扱う。
2.面白コンテンツを扱う雑誌。不条理ムービーなども一緒に収録。
3.悪用厳禁を前面に押し出すタイプの、ちょっと悪びれた風を装う雑誌。
4.エロコンテンツを一緒に扱う雑誌。

1〜3あたりは、なんとなく制作事情が分かるような気もするわけなんだが、4のエロコンテンツが、どうしてフリーソフトやシェアウェア等と共に収録されることになったのか、少し不思議に感じた。

まぁ、これが、大学生になったばかりの多感な時期の自分に、十分なエロコンテンツを提供してくれていたから、自分にとっては非常に意義のあることだったのは事実だが、一般論としてはどう結びつくのか。

ちなみにこれらの雑誌では、いわゆる着エロ的なコンテンツだったり、アイドルの紹介写真や紹介ムービーも載せつつ、裸女性の写真やムービーを100枚くらい載せていた感じ。

当時の付録メディアはCD-ROMが一般的だったので、さほど画質は良くなかったかもしれない。

また、当時はOSにフォトビュアーのような写真を次々に閲覧するソフトが標準で付いていたわけではなかったためか、専用のフォトビュアーを無料で付属する雑誌もあった。

考えてみると、世の中の様々なメディアはエロと共に進化したと言われており、VHSにしてもPC98にしても、エロコンテンツがその発展に一定割合で貢献したことは間違いない。

なので、フリーソフト付属雑誌がエロコンテンツの効果に期待していたとしても不思議ではない。

もう一つ、袋とじの代替という手段として、というのもあったかもしれない。
エロ本の袋とじ部分は青少年の憧れの的だったわけだが、効率よく隠し、かつ、確実に読者に購入してもらうには、やはり袋とじなんかにするよりは、CD-ROM付属にした方が良かったのだろう。

袋とじだと、やり方によっては上や下から覗くことができてしまう。青少年に立ち読みを許してしまうことは良くないし、立ち読みだけで雑誌が買われないと、売上につながらない。

CD-ROM付属なら、中身を見るには、雑誌を買って帰り、自宅のPCにCD-ROMを挿入しないといけない。フリーライドは防げるわけだ。

今は、フリーソフト配布もエロコンテンツも、ネット配信がメインになって、誰もが、青少年であっても入手しやすい状況になっている。

当時を考えると、フリーソフトもエロコンテンツも、青少年に入手しづらい状況は、一種のノスタルジーを感じさせてくれる事だったなと思えてくる。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2017年01月19日

「結物語」を読みまして。やっぱり当日0時に読み始められるのは良い

西尾維新「結物語」を読みました。
例によって、今回も電子書籍版を予約購入しました。

IMG_1921.JPG

Amazonで電子書籍版を予約購入すると、発売日当日の0時から読み始められるというのは、なかなか優れたメリットのように思えます。
ブックオフに売れないというデメリットはさておき。いや、販売側にとっては、売れないことはメリットかもしれません。

そういえば、Amazon等の通販が活発になりすぎて、運送業者が、ストレスで荷物を叩き付けたくなるレベルの限界に達していると聞きます。電子書籍は、佐川急便やヤマト運輸のような、運送業者が苦しむことがないというのも、世の中全般にとってのメリットかもしれません。
本1冊程度の荷物で、運送屋さんを苦しめるのは、割に合わないでしょう。電子書籍にしてダウンロードするか、本屋に買いに行くのが吉です。本屋への往復程度の歩きなら、ちょうど良い運動になりますし。

余談はさておき。

本書の内容としては突然、阿良々木暦が23歳になって、就職している状態からスタートします。
羽川翼はとんでもないことになっています。
読んでいて、話がぶっ飛んでいて、正直、僕としては置いて行かれた感がありますね。物語はどこに向かって進もうとしているのか、作者は何を目指しているのか、ちょっと心配になる感じ。「終物語・下」で終わらせて置いても良かったんじゃないのか?とも思う。

そういう、焦りというか、不安を抱えながら読みました。
精神衛生的には良くなかったかも知れませんが、ドキドキのない読書もまたつまらないものですので、こういった楽しみを提供するというのもまた、良いのではないかと思います。

これが初めて読む1冊なら、混乱して投げ出していたかもしれませんが。
非常に積み重ねのある1冊だから、許されるんだと思います。こういう内容でも。作者に自由にやってもらっても。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |