2017年02月06日

急にRaspberry Piが欲しくなりました3…カメラモジュール

先月末に、急にRaspberry Piが欲しくなって購入し、Linux ServerとかDesktop環境としての遊び方も楽しみつつ、電子工作の真似事をしてLチカを試したりなんかもしてみたりした件のその後。

その後、VPN環境を構築して自宅外からアクセスしてメインPCにWake on LANを送って電源を入れてみたり、DLNAのサーバにしてメディアサーバにしてみたり、温度・湿度センサを付けて息を吹きかけて遊んでみたり、可変抵抗をグリグリ回してA/Dコンバータの有り難みを噛みしめてみたり…と、色々楽しんでおりました。

で、ところで基板上に「CAMERA」という文字が入っているのは何だろう?と思い、調べてみたところ、専用のカメラモジュールがあるらしいということに気づきました。Amazonだと、安いもので1600円くらいで買えるみたいですね。
長持ちは期待していないので、とりあえず安いヤツでいいかなと思い、気軽に購入してみることにしました。

IMG_2042.JPG

右中央あたりにある、CAMERAと書かれた、基板上から突き出ている部分にグサリと差し込みます。

IMG_2043.JPG

差し込んでみたところ。

思った以上に苦労しました。Raspberry Pi 3(Model B)を購入して以来、苦労したのはこれが初めてかもしれない。

カメラの基板上の部品(SUMMYと書かれた部分)が外れかけていて認識しなかったり(この品質が1600円か!)、それと気づかず、試しにケーブルを逆刺ししてみてもっとエラーの量が増えたり、raspi-config上のCamera設定の場所が(参考サイトに書いてある)従来のバージョンと異なっていて、どこにあるのか探すのに苦労したり…とか、色々ありましたけど、なんとか接続できました。

raspi_jidori.jpg

Raspberry PiがRaspberry Pi自身をセルフィー(自撮り)。
多分うちでこれができるのは、Raspberry Piくらいだろうなぁ。

デジカメはそれ自身を撮影できないし、スマホもそれ自身を撮影できないし。

その後、MJPG-Streamerで、リアルタイムに静止画配信・動画配信する方法も試しました。
これ、自室(PC部屋)の監視カメラとして実用的に使えそうですね。
カメラの基板がむきだしなのは、ちょっと気になるけど。ホコリを被ったら酷いことになるかもしれない。

MJPG-Streamerを常駐させたときの消費電力と温度上昇も気になりますね。
夏場は耐えられないかもしれない。
卓上扇風機を回したら、カメラがグラングラン揺れてしまうかもしれない。

実用まではあと一歩ってところですね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC