2017年03月12日

雨が降ると花粉症は和らぐ?和らがない?

昔であれば、花粉は地面に落ちた段階で土に吸収され、それ以上は飛び立たなかったところ、アスファルトやコンクリートで固められた地面では花粉が吸収されず、再び風で飛び立つことで、花粉症の症状が多く出るようになる、という話を聞いたことがありました。

そこに雨が降ると花粉は下水に流れて行くため、花粉症の症状が一時的とはいえ和らぐ、とも聞きました。

ただ、花粉はそんなことでは下水に流れて行くことはなく、むしろ水分で固まるため、人間の目や鼻に入った時の症状が激化するとの話も聞きました。

どっちが本当でしょうね。
雨が降った時にどちらに期待?恐怖すべきか。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記