2017年04月05日

ダウンロードサイトの停止を絶対にしちゃダメと言われても…

ユーザーからの投稿があって、うちのサイトで公開されているソフトについて「セキュリティ上の問題があったりしても、ダウンロードサイトを停止するようなことは絶対にないようにして欲しい」というものがありました。

ただ、ダウンロードサイトの停止については、セキュリティ上の問題より、もっと可能性の高い、別の問題を考慮した方がよさそうです。
具体的には、

  • 別ダウンロードサイト(Vector等)の場合・・・規約違反行為による引き上げ
  • 自ダウンロードサイト(INASOFT)の場合・・・資金的な問題

前者については、例えば、すっきり!! デフラグについては、Vector側担当者の規約違反行為により、引き上げを行った経緯があります。よって、他のソフト/他のダウンロードサイトについてもそのようなことがあれば、引き上げることもあるでしょう。

後者については、サイトの運営費が、広告収入と寄付金を合わせた額を上回っているという実情によるもの。
現在のサイト運営は、家計とか生活費といったものを、若干持ち出すことにより補填している状態です。
この状態がもっと深刻になれば当然、メインのダウンロードサイトは停止せざるを得ない状態になるでしょう。

残念ながら、生活を困窮させてまで、あるいは消費者金融に通ってまで、ダウンロードサイトの運営を継続する義務があるかと言えば、たぶん、ないかと思っているので。

残念ながら日本には寄付を寄せる習慣が根付いていないそうで、かと言ってソフトウェアに広告ツールをつければ強い非難を寄せるという、偏った文化があるように思えます。まずは、そう言った風土が改善してくれれば…とも思うのですが、なかなかそうもならないのが、残念なところで。

「ダウンロードを停止するようなことは絶対にないようにして欲しい」と言ってくれる人がいる反面、ダウンロードサイトが停止しないように寄付を継続的に渡します…という人がいるわけではないのが、今の日本社会ですね。

まぁ、ドメインの運用を止めるなり、さくらインターネットのサービスレベルを一段階落とすなり、もっと安いサービスを使うなり…と、まだまだ努力できるところはあるけど、まぁそもそも「努力」ということをするってのも、おかしな話ではあるんですけどね。

ダウンロードサイトの継続は義務ではないし、もちろんユーザー側が寄付を寄せることも義務ではないとは思う。そういった、義務を押しつけ合う関係では無いと思っています。

ただ、これを権利の主張と捉え、使用者が「ダウンロードサイトを止めないで欲しい」「=ダウンロードサイトの運営を続けてもらう権利がある」と権利を唱えるなら、それに対応して発生する義務は何かな?ということにもということにも、思いを馳せてもらえたらよいのかな、とも思いますね。
フリーソフトは利用者だけで成り立つものではないので。作者にも配布者にも生活はあるので。生活が成り立たなくなると思えば、そりゃ、ダウンロードサイトも止まりますからね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | サイト運営