2017年04月17日

入社14年目って、なって見ると、思ったよりも大人ではないみたい

毎年4月を迎えて、会社に入ってからの年数が更新されると、「入社当時に○年目の先輩って、どのように自分の目に映っていただろう」と思いを馳せることがあります。

1年目の時に考えていた3年目の先輩への見え方。
1年目の時に考えていた5年目の先輩への見え方。
1年目の時に考えていた10年目の先輩への見え方。
 :
 :
 :

振り返ってみると、僕は2003年4月から社会人をやっているので、今年で15年目(14年経過)になります。
小学校の年数(6年)+中学校の年数(3年)+高校の年数(3年)=12年 ですから、自分は小中高合わせた年数よりも長く、会社人生を送っているんだなぁと思うと、なんだか愕然とするものがあります。

入社1年目の時に、15年目の先輩がどのように見えていたか…たぶん、中途半端な年数なので、あまり想像していなかったと思います。
ただ、もうすっかりオッサンになっていて、子供の考えなど捨てていて・・・という漠然とした想像はあったかもしれません。

でも実際には、見た目はオッサンであり、腹が出てオッサン体型なのは間違いないですが、脳内はガキそのままかもしれません。クソガキです。いや、妙なところだけ老害になって、でも考えは幼稚、みたいな。家に帰れば3DSとVitaとNintendo Switchが置いてありますし。

少年の心を忘れていないと言えば、聞こえ方はかっこいいですが、昭和60年代の少年の心というのは、ある種の老害思考なのかもしれませんから、そんな少年の心はとっとと捨てないといけないかもしれません。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記