2017年06月29日

AirPlayってものをようやく知った。これはなかなか面白い

以前、有線でiPhoneとモニタをVGAで接続するための機器を購入したことがありました。
プレゼン用に使えるかなと思いまして。

ただ、日常生活では使いにくい。
例えばiPadで買い物をしている画面を家族で共有し、アレが買いたいコレが買いたいとやりたい場合。
テレビとiPadを有線で接続するには、テレビにかなり接近しないといけない。

だいたい、タブレットをいじっていると子供が妨害しに来るので、そういった子供達の攻撃をひらりと躱し続けるには、優先接続は非常に分が悪い。

動画を共有して見るにしてもVGA接続では音が共有できないのでよろしくない。
HDMI接続ならよかったのに。

と、そこで最近知ったのですが、「AirPlayミラーリング」というのがあるそうじゃないですか。
iPhoneやiPadとApple TVを繋ぎ、画面を共有するための技術。

これは別にApple TVでなくても良かったんですね。
もっと安価な機器がある。

3000円くらいで。
EZCast」ってやつを買うことにしました。
(なぜ「EZCast」にしたのかというと、元々この技術の存在を知ったのが「EZCast Proの広告を見たことがきっかけだった」からです)

airplay_m0_s.jpg

Wi-Fi接続経由で色々設定するので、初期設定の手間はかかりますが、それが終わればあとはラクチンです。
付属マニュアルは英語と日本語にしか対応していませんが、機器自体とiPhone/iPadアプリは日本語に対応しているので、なんとかなります。
あとは、iPhone/iPad側からAirPlayミラーリングを選択し、このデバイス名を選ぶだけ。
せっかくなので、YouTubeで生放送していた、ARMS体験会のライブ映像を観てみました。

airplay_m1_s.jpg

多少は遅れがあるものの、観られないレベルではありませんでした。
ただ、「マリオラン」をプレイしようとすると、「多少の遅れ」は無視できないため、ゲームプレイは(モニタ側ではなく)手元の画面を観ながらプレイした方が良いでしょう。

また、いくつかのアプリの動画再生は、モニタ側でのみ行われるようです。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ