2017年08月31日

急に映画を観たくなって、『メアリと魔女の花』と『怪盗グルーのミニオン大脱走』を観てきた

急に、映画を観たい感情が抑えられなくなりまして、今期のアニメ映画2本『メアリと魔女の花』と『怪盗グルーのミニオン大脱走』を観てきました。

メアリと魔女の花

スタジオジブリと関連する、米林監督の作品なので、どうしても過去のジブリ作品と比較されてしまうのはかわいそうという気もします。
実際、過去のジブリ作品を参考に作ったと思えるシーンもありましたし。
新海誠監督の『星を追う子ども』ほど、あからさまではないけど。

そんなこともあって、多少変な感情も入り交じりながら観てました。
どうしても、宮崎監督の気配を感じ取れるんじゃないかとか思ったりとかして。

でもまぁ、この作品で一番良くなかったのは、最後の方のシーンで、アレがドロップしてきたシーンですかね。
その前後で、人間に扱いきれない力がどうこう言っていたのと併せて、どうしても、311のメルトダウンを思い出してしまって。原発批判作品に成り下がってしまった気がします。

ゲド戦記ほどつまらなかったわけではないですが、上記シーンのせいで、この作品の評価がグイグイ下がってしまった気分。


■怪盗グルーのミニオン大脱走

こちらは手放しで楽しむことができた気がします。
ちなみに、観てきたのは吹き替え版です。まぁ、中島美嘉の吹き替えが、ちょっとだけ耳につきましたけど。
それを除けば、グルー&ドルー吹き替えの笑福亭鶴瓶さん&生瀬勝久さんはすごかったし、松ケンさんの吹き替えは最後までそれと気づかないくらい良かったし。
何よりも、今回もアグネスの声を吹き返した芦田愛菜さんの声優力が凄まじい。なんであんなに自然に吹き替えが出来るんだろう、と。もう完璧な女優ですしね。

いとうあさこさんも吹き替えをされていたというのは、ごめんなさい、正直わからなかった。
イディス演じる矢島晶子さんは……そうですね、改めて、クレヨンしんちゃんの吹き替えのすさまじさを認識した感じ。やっぱり本業の声優は、もっとすごかった。

残念だったのが、ミニオンズのミニオン語を聴けるシーンが、比較的少なめだったことですかね。
ミニオン語目当てに来た人には、少し物足りなかったかも知れません。
過去作の「ミニオンズ」でもみて、お口直ししましょうかね。


続きを読む
posted by ayacy at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2017年08月27日

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONへ行ってきました

子どもが、ドラえもんのイベントでタブレットで宝探しをするのをやりたいとねだっていたので、テレビ朝日の夏のイベント「サマーステーション」へ行くことになりました。
事前にローソンで、整理券付き入場券を購入。特定のエリアに入るための日付と時間が指定されています。
行ってきたのは8/26(土)で、このイベントの最終日は8/27(日)なので、最終日直前だったんですね。
最終の土日ということもあって、すげぇ混んでいました。

最初に目に付くのは、六本木のクモの巨大像の近くに大量に並ぶ、ドラえもん像。30体以上。それぞれ、子どもの背の高さよりも大きい。別々の秘密道具を持っている。
圧巻です。

IMG_3613.JPG
▲「あいあいパラソル」を持っているドラえもん。

まずは昼飯の確保ということで、朝10:50に食事場に並んで席を確保し、料理を注文。
その後、すぐに座席は一杯になり、この会場に来る人の多さにビックリ。
IMG_3626.JPG

ドラえもん以外のコンテンツも多数ありますが、今回のお目当てはドラえもんだったので、とりあえずそこへ行きました。

IMG_3633.JPG

テレビ朝日への、「ドラえもん様」の貢献度は非常に高いですね。
これだけ多くの人を集めていますし、中には「もう6回来ている」とか言っている子もいましたし、そもそも、現在の公式キャラクター「ゴーちゃん」が誕生するまでは、ドラえもんがテレビ朝日の公式キャラクターみたいな状態になっていましたし。

IMG_3656.JPGIMG_3657.JPG
▲USO800(ウソ・エイト・オー・オー)とタイムマシン。タイムマシンには乗ることができ、写真が撮れます。

このまま22世紀になっても、ドラえもんが日本を代表するコンテンツであり続けて欲しいですね。
その時、ドラえもんの物語内の設定が、どう変化しているのか(変化しないのか)、気になるところではありますけど、多くの人が集まり知恵を集約してドラえもんというコンテンツを存続させているので、誰かしら良いアイディアを出してくれることでしょう。
posted by ayacy at 07:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2017年08月26日

24時間テレビが、24時間ぴったりの放送ではないことを、けっこう最近知りました

(昨夜公開できていなかったので、日付を遡って公開)

24時間テレビが、24時間ぴったりの放送ではないことを、けっこう最近知りました。
観ていないので…。

今年は、恒例の100kmマラソンランナーの発表を引き延ばしにしすぎているということで、だいぶ批判を浴びているとか。
そもそもムリヤリ視聴者を感動させるための、なんだか変な感じのする演出で、なんだかシックリ来ないんですけどね。

まぁ、ぐるナイのゴチの新メンバー発表の演出みたいに、引き延ばして引き延ばして、1時間後に告げることを発表して、1時間経ったら今度はCM開けに告げることを発表して、ドラルロール鳴らして…みたいなことを繰り返せば、視聴率が上がって、(批判も大量にあろうが)話題性になるという経験則がスタッフにあるんでしょうけどね。
実際、2chとか、SNSとか、特にTwitterとかで、視聴者がリアルタイムに話題にしていて(荒れている)様がスタッフにとってもリアルタイムで分かるから、やっちゃうんでしょうけどね。
どうも頼りすぎな感じがして嫌ですね。なんだか、良くないことだと思います。

今回は、発表後に、どうしてそんな演出にしたのか、トレーナー側に事情があることが放送されていました。
ランナーになったブルゾンちえみさんには、純粋に頑張って頂きたいと思います。実際、ここ最近の彼女の知名度の上昇というか、アゲアゲ度というか、ドラマ等多方面への進出であるとか、やる気の見せ方とか考えれば、彼女に決まったことは妥当だと思います。純粋に頑張って欲しい。

その分、テレビ局のスタッフの側が、すごく落ちているように見える。
いっそのこと、ぐるナイみたいに、最後まで覆面被ってランナーは知らせて、ゴールの100m手前で「実はこの人でした」と披露すれば、もっと視聴率が上がるんじゃないですかね。
って、10年後くらいには演出過剰の末に、本当にこんなことをやりかねないですね。

続きを読む
posted by ayacy at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ