2017年08月07日

プリキュアって何だろう

最近、テレ朝のアニメ番組「プリキュア」は、小学生向けというよりは幼稚園生向けになっているそうで、対象が低年齢化しているとのこと。
というわけで、うちは思いっきりプリキュア世代なんですね。

僕も、初代と、Yes!プリキュア5 は観ていましたけどね。
当時は小学生でも幼稚園生でもありませんでしたけどね。
どうでもいいですけどね。

改めて「プリキュア」って何だろうな?と思うわけです。
劇中の人は何だと思っているのか。

劇中では「プリキュアになっちゃった」と、プリキュアという概念がほぼ一般の人?妖精さんの中?には知れ渡っているようなシチュエーションで話が展開していますけど、我々にとってはそんなに「プリキュア」という概念は当たり前では無いわけで、そうなると「プリキュアって何だろう?」と思うわけです。

劇中でそれが何なのか、シリーズを通して解説されることは、ほとんど無いはず。

最近のシリーズでは、プリキュアとは「伝説のパティシエ」であると解説されていました。
ビックリだよ。

初代の時は、自分たちのことを「光の使者」だと語っていたと記憶しています。
ああ、なんだかそっちの方がシックリ来るかも。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2017年08月06日

「嗅覚・聴覚・触覚の話」

先日、朝のラジオ番組を聞いていたら、こんなテーマでメッセージ募集をしていたのを思い出しまして。のシリーズ。
最近、寝不足になると、鼻の中に「乾燥したような匂い」が立ちこめます。

「乾燥した匂い」が具体的人何なのかよくわかりませんが、とにかく、自分の脳はそれを「乾燥した匂い」と認識しています。
自分でもよく分かりません。

この現象が起き始めたのは、35歳くらいになってからなので、年齢によるモノかも知れません。
とにかく不思議な現象です。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ

2017年08月05日

「ラジオと私と」

先日、朝のラジオ番組を聞いていたら、こんなテーマでメッセージ募集をしていたのを思い出しまして。のシリーズ。
前にも書いたとおり、最近ラジオを聞き始めるようになりましたが、以前にラジオをよく聞いていたのは17歳〜18歳ごろでした。

土曜日深夜のラジオ放送(23時〜3時)をよく聞いていました。
声優の鈴木真仁さんのラジオとかですね。
あの時間帯のラジオ番組は、アニメオタクな高校生の多感な時期には、なかなか刺激的でした。

2回目の大学入試センター試験を前にして、深夜ラジオを聞く習慣がなくなり、そこからはほとんどラジオを聞くことはなくなりました。

その後、ラジオを聞く習慣が復活したのは、2017年1月か2月頃。
年齢のせいか、電車の中でスマホを見ていると、気持ち悪くなってしまうようになりました。
でも、電車の中でヒマをもてあますのは苦痛なのです。

以前は、電車の中で、いくらでもボーッと出来ていたはずなのに、電車の中でもスマホで情報収集する習慣が付いてしまったせいか、ボーッとすることができなくなってしまっていたのです。

そういえば、スマホのアプリでRadikoってあったよな、と思い出し。
見てみると、タイムフリーで過去の放送を期間限定ながら聞くことができることを知りました。

そういえばテレビについては、遠隔地録画に対してテレビ局が訴訟を起こすとか、ずいぶんと時代遅れなことをやっている中。
ラジオの方は公式な手段としてネット配信を整備し、公式な手段として過去の放送を視聴できる体制を整え、ネット社会に適応しています。テレビよりも、ラジオの方が未来的です。

(ただし、ジャニーズ出演番組を除く。ジャニーズの時代遅れ感は半端ない。ちなみにうちの奥さんはジャニーズファンですが、このことに関しては「ジャニーズは早く潰れればいい」と言っています)

僕は最近では、テレビを見る時間よりも、Radikoや音泉でラジオを聞いている時間の方が長くなってきています。
電車の中で、片耳にイヤホンを突っ込んで聞いています。(車内放送で重要なことを放送するかもしれないので、片耳だけは空けておく)

そう考えると、通勤時間のほとんどの時間を、伊集院光さんの声(平日朝+月曜深夜)を聞いて過ごしていることになるのか…。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ