2017年09月24日

冤罪被害者の立場だった者として、このニュース、どう捉えたもんかなぁ

このニュース、どう捉えたもんかなぁ...
「元TBS記者が乱暴」 被害届提出の「詩織」さんの申し立てに検審「不起訴相当」と議決

先日まで出回っていた情報だと、状況的に「元TBS記者」の方が明らかに怪しい雰囲気の報道が多かったように思えたけど、

結局、「不起訴相当」に戻ってしまった、と。
警察による起訴の取り消しが不自然すぎたとか、容疑者が現政権の太鼓持ちのような人だったからというのが報じられていて、今回の「不起訴相当」にも不自然部分の説明がないとか不自然の上塗りになっていると聞くし・・・。

とはいえ、2012年〜2014年まで、足かけ3年に渡って冤罪を受けていた自分に取ってみれば、いざ冤罪だったときのことを大きく考えてしまいがちというのもあって、どちらの主張を大きく捉えたら良いか、迷う。

あの時も、「大企業だし、信頼できるセキュリティ企業として長年やってきたわけだから、フリーソフト作者側だけが言っていることは信用できない」と言っている人もいたわけだからね。状況的に僕の方が悪だと思っていた人は、いたわけで、

その人達にとっては、僕の方が「当然悪だろう」と思っていたことだろう。
その後、2014年に企業側の方が謝罪文を出したおかげで、世間的にも僕の方が冤罪であることが明らかになったわけだけど、

その後も、2015年9月頃に、「独自に収集した情報と、脳内で組み立てたストーリー」から、僕のことを悪だとしてウソ情報をTwitterでばらまいていた人がいたくらいだし。

そもそも、事実確認は、僕と企業の間ですでに済んでいて発表済みだというのに、「作者側の言っていることは信用できない」と、ウソ情報をばらまいていたくらいだからな。
それくらい、世の中には歪んだ人がいるということ。

最初に書いた事件については、双方が事実について合意しているというわけではないし、起きたとされている事件についてはとても痛ましいものなので、比べられるものではないけど。

この事件が報じられた直後くらいに、TBSラジオの夜のニュース番組で、女性へのロングインタビューが行われていて、「明らかに男性側が不利な状況だろう」と思い込んでいたくらいなんだけど、

2012年以降、どういった事件についても常に、「もし冤罪だったら・・・?」というのが頭をよぎるようになっているので、こういう事件については慎重に考えないといけなくなってる。
続きを読む
posted by ayacy at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月23日

iOS11様子見

iOS11が公開され、うちで利用しているiPad/iPhone計4台が更新対象となるわけですが、32bitアプリが使えなくなったり、写真のオプションが複雑になったりと、かなり大きな変更点があるようなので当面は様子見しようかと思っています。

IMG_3885.JPG

32bitアプリは「設定>一般>情報>App」から確認できますが、現在メインで利用しているiPhoneでは上記のアプリが使えなくなるらしい。

モスバーガーのアプリは現在利用していないので削除しても良いのですが、SimpleResizerは現在でも利用しているので代わりのアプリを探したいところ。
幸い、この類のアプリは巷に溢れていますので、選ぶのは困らなそうかなぁと。


posted by ayacy at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ

2017年09月22日

2歳の長男から東方の話題を投げかけられる…そんなYouTubeの時代

休日に家にいると、2歳の長男から突然、「やまのてふぇいすを見たい」と言われました。

やまのてふぇいす?

最近、スマホだけでなく、テレビでもYouTubeを見られることを知った長男は、YouTubeによる動画視聴にハマっています。
(ハマりすぎるのは心配なので、一度の視聴時間は10分程度に制限しています)

長男は電車が好きで、特に湘南新宿ライン、山手線、京浜東北線、埼京線あたりは大好き。

なので、これらの電車が登場するMAD動画を観るのも大好き。

で、「ヤマノテフェイス」をググってみると、どうやら山手線が登場するMAD動画みたいですね。
あまりに繰り返し観ているので、妻もそのBGMを口ずさみ始める始末。

BGMに使われているのは、上海アリス幻樂団さんの弾幕シューティングな同人ゲーム「東方風神録」の裏ボスの曲「ネイティブフェイス」です。
洩矢諏訪子です。ケロちゃんです。

一周回って2歳の長男から東方の話題をぶっ込まれたことになります。
なんだか、感慨深いものがあります。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ソフト