2017年09月30日

特定のコアだけを100%フルパワーで偏って使い続けたら特定の物理的な箇所だけ歪んだりするのかな

現在、Raspberry Pi 3(model B)を使って、夜な夜な avconv でエンコードを流しています。
毎日夜間、20分くらいずつ。

Raspberry Pi 3(model B)は、クアッドコアのCPUを持ちます。
avconvはCPUをフルに使いますので、4つのコアを100%利用してエンコードをしてくれるのですが、この間、CPUの温度は50度〜60度になります。

夏の暑い時期は、さらに高い温度になるかもしれない。
そのため、夏場はサーキュレータの風を当て続けていました。

そろそろ秋といっても良い時期になり、良い感じに気温も低下してきましたので、サーキュレータを回し続ける運用も終えて良いかなぁと思っていますが、一時的に急激にCPUの温度が上がってしまうことに変わりはないため、どうにかしたいと考えています。

CPUをフルパワーで使わなければ・・・たとえば、avconvを使うときに、CPU利用率を50%とか75%に低下させることができれば、温度もさほど上がらなくなるのかな・・・とか思っています。

Linuxでは、taskset コマンドを使うことで、「特定のコアのみを使ってプロセスを動かす」ことができます。
Raspbian OSにもこのコマンドが準備されていますので、使用することができます。

ここでふと気になったのは、特定のコアだけを100%フルパワーで偏って使い続けたら、そのコアが存在している物理的な位置のみが急激に熱を持ったりすることになるんだろうか?ということ。

普通のPCや普通のサーバのように、風冷をしているならば、まだマシかも知れません。
うちのRaspberry Piは、ヒートシンクしか置いていないので、ちょっと心配です。

(現在は、サーキュレータで風を当てていますが、世間の気温も低下してきたし、その風を止めようって話をしているので、心配になっている)

CPU内の特定のコアのある物理的な箇所のみが急激に熱を持ち、熱で膨張して、特定の箇所だけ歪んで、CPUの寿命を縮めるんだと嫌なだなぁと思うわけです。

心配しすぎかもしれませんけどね。




続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC