2017年10月28日

最近流行の詐欺ハガキがうちにも届いた!

最近流行の詐欺ハガキが、うちにも届いていました。
ayasige_hagaki_s.jpg

Twitter上で、すでに注意喚起情報を流している人を見かけていましたので、すぐに詐欺ハガキであることが分かりました。
Twitterによる情報拡散力は素晴らしい。

以前(20年以上前)は、こういったハガキや、「あなたは1億円を得る権利を得ることができますので5万円支払って下さい」みたいな封筒が、そこそこの頻度で届いていたと思います。

ただ、こういったハガキや封筒を出すのにも、50円とか80円とかかかっていたのでしょう。
インターネット全盛期になり、そういった詐欺はeメールで行われるようになりました。

eメールなら、ほとんどタダ同然で送信できますからね。
宛先もインターネット上の掲示板のメールアドレス欄から自動収集できますので、名簿業者に頼る必要もありませんし。

ただ、最近は各メールクライアントに、かなり優秀なスパムメール避け機能が付くようになりまして、eメールで詐欺メールを送っても、相手に届かないことが多くなったのかと思います。
そして何よりも、一番騙されてくれそうな高齢層の方々がインターネットを使い、メールを受信できるとは限らないわけで。

というわけで、詐欺の主戦場は再び、物理的なものに戻ってきたのでしょう。
ただ、郵便料金が値上げして、現在では82円も出さないと封筒は出せません。というわけで、少しでも安い62円で、ハガキを送ってきたんでしょうか。

ハガキを出すために、1枚62円。印刷代は1円くらいでしょうか。
1万枚出すとしたら、63万円。
0.01%でも引っかかってくれる人がいて、その人が100万円を払い込んでくれたなら、儲けは37万円。
実際には人件費と名簿業者への支払いがあるのでしょうが、元は取れる計算です。
悪い奴は、いつの時代も悪い奴です。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月27日

ここのところ、マリオのゲームを発売日に入手することが多いかも

本日は、Nintendo Switchのゲーム「スーパーマリオオデッセイ」の発売日です。

mroo_yoyaku.png

子どもの頃は、マリオのアクションゲームを発売日に入手することは、ほぼなかったような気がします。
マリオブラザーズ、スーパーマリオブラザーズの頃はファミコンを持っていませんでした。
ディスクシステムを持っていなかったので、スーパーマリオブラザーズ2は買いませんでした。
スーパーマリオブラーズ3を購入したのは、発売から結構経ってからだったかな。
スーパーマリオワールドを購入したのは、スーパーファミコンを入手してから1年以上経ってからだったか。
その後はゲーム機から離れがちになり、NintendoDSを購入したことをきっかけに、マリオ64とNewスーパーマリオブラザーズを買ったので、これも発売からかなり経ってから。

この頃までは、発売日に入手するものと言えば、ドラクエシリーズか、ファイナルファンタジーシリーズくらいのものでした。

ただ、その後は、Newスーパーマリオブラザーズ2(Nintendo3DS)、スーパーマリオRun(iOS版。DL後に即座に課金)を、それぞれ発売日に入手しました。
大人になって、ある程度お金に余裕が出てくると、容赦なく発売日に買う決断が下せるってのは、良いことだなぁ。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2017年10月26日

FFFTPがいよいよ開発終了と聞いて


FFFTPは、1999年頃にWebサイト製作をスタートした頃に使っていましたし、2003年に就職してからも、顧客常駐先で必須のソフトとして導入されていましたし(たぶん、今でも入っているかも)、自宅でメインで使用するFTPクライアントがWinSCPに変わって以降も、いちおう環境内には入れっぱなしにしてありました。

そのFFFTPが、ついに開発終了とのことで。
残念という気持ちも起きません。もはや、お疲れ様でした、ありがとうございましたという気分ですね。

FFFTPはオープンソース化されていましたので、元々の作者の方が2011年に開発を終了されてからも、その後を引き継いでメンテナンスを続けていた方がいたとのこと。
しかしその維持力も、いよいよ尽きるとのことで。

Twitter上では、試しにソースコードをダウンロードして見たという方がおり、C++ではなくC言語でダイレクトにWinAPIを呼び出す作りになっていることが驚かれていました。セキュアなプロトコルなどの新機能を追加したいとか、セキュリティ上の不具合に対応したいとしても、なかなか、メンテナンスが難しくなってしまっているようです。

そしてなによりも、モチベーションを維持するために必要な「需要」が、なくなってきてしまったのでしょう。


続きを読む
posted by ayacy at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング