2017年10月10日

プリキュアとプリパラの最新映画はどんなもん?3Dアニメの技術の進歩ってすごい

ようやくチャンスが回ってきまして、プリキュアとプリパラの、最新映画のDVDをレンタルすることができました。
どちらの映画も、3DCGの技術がそこかしこに使われていました。

IMG_3901.JPG

20年くらい前だと、トイ・ストーリーがフルCGでアニメ化されてすごい!みたいな声が聞こえていましたが、現在ではフルCGのアニメ映画は普通に見られるようになりました。

映画ではなく、通常のテレビ放送ではどうかというと、外国のものだと、Eテレで、「きかんしゃトーマス」が放送されていたり、「ペンギンズ from マダガスカル」が放送されていたり、かなり質の高い3DGCアニメが見られます。

5年くらい前は、国内で3DCGを使ったアニメというと…テレ東あたりで、めちゃモテ委員長とか、やっていましたっけね。
あのあたりでしょうか。あまり質が高いとは言えなかったと記憶しています。

で、現代。
プリキュアとかプリパラとか、女児アニメ近辺では、3DのフルGCが断片的に使われており、かなり質が高いと思っています。
今回、プリキュアの映画では変身後などのいくつかのシーンで、プリパラではライブのシーンで、使われているようで、細部までよくできているし、カメラはグリグリ動くし、よくできています。

今回気づいたのは、3DCGで描かれる、みれぃ がかわいい。
特にあご回り。
作り手の人たちも、そういったところのそれぞれ、細部までこだわって作っているんだろうなぁ。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ