2017年10月13日

最高裁判所裁判官の国民審査で真偽不明だったこと

今度の衆院選に合わせて、最高裁判所裁判官の国民審査が行われます。
中学の頃、公民の授業などの機会で、この国民審査について聞く機会が色々あったのですが、

最初に名前を示された裁判官が落とされる
今まで落とされた裁判官は一人もいない

と、相矛盾する情報を聞いたことがありました。
いったい、どちらが正しいのか?

昨日ちょうど、夜のラジオ番組で、国民審査について特集が組まれていまして、後者が正しいことがようやく判明しました。

おそらく、「最初に名前を示された裁判官には最も多くの『×』が付けられるが、過半数に達したことは一度もない」というのが、中途半端にねじ曲がって伝わったのかも知れません。

ちなみにこの番組では、国民審査の制度の成り立ちや不備、今回審査対象となる裁判官一人一人の紹介が行われ、なかなか興味深く聴けました。

最高裁判所裁判官はみんな60歳以上にならないと任命されず、定年が70歳なのに、憲法には「最初の審査後は10年経過後に再審査」と書かれているとか。なかなか興味を抱く機会の少ない制度ですが、知ったら知ったで、よく分からない制度ですね。

あと、登場する役職名がことごとく難しく、漢字を思い浮かべることが難しい。ここら辺は、ラジオで情報を仕入れる場合の難しい点ですね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記