2017年11月25日

最近のWindows 10のアップデートが、なんだか変

気になる記事を見つけました。


いわれてみると、確かに、Windows 10をFall Creators Updateにアップデートすると、シャットダウンや起動が早くなった気がする。どうやら、不完全シャットダウンが標準の動作となり、前回シャットダウン前に起動しっぱなしにしていたアプリ類が上がってくるようになった反面、シャットダウンに期待していた動作ができなくなったようですね。

記載の情報によれば完全シャットダウンをするには shutdown /s /t 0 コマンドを打ち込むしかないらしく、ちょっと困ったことになりましたね。
このせいで回復モードへの入り方が変わってやっかいなことになったという発言も聞かれますし。

標準のアップデートで入ってくるということは、ユーザーは何もしていないつもりなのに、おかしくなったが発生して、ユーザーとフリーソフト作者の諍いに発展する可能性もありますしね。

とりあえず、完全シャットダウンしたいときは、「いじくるLite」の「Windowsをシャットダウンする/再起動する/ログオフする/強制再起動するショートカットを作成」の機能を、再び活用したいと思います。

rnsflite_ss.png

この機能はもともと、Windows 10へ、標準のリモートデスクトップを使用してリモート接続したときに、スタートメニューから切断やログオフはできるのに、シャットダウンはできなかったことから作成した機能です。

その後、Windows 10のアップデートで、標準のリモートデスクトップを使用してリモート接続した場合も、スタートメニューからシャットダウンできるようになってしまったので、使用目的がなくなってしまったのですが、Fall Creators Updateで再び使用目的が復活しました。

うれしい反面、Windows 10が劣化したようで、ちょっと残念な気分です。

続きを読む
posted by ayacy at 13:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC