2018年01月31日

インストーラ版を準備しているのは…やっぱり最近は

そういえば、あるブログの「インストーラ」に関する記事を見て思い出したことがありました。
だいぶ前…とはいっても2年くらい前だったか…「あなたのソフトをダウンロードしてインストーラを起動したけど、フォルダが見えるだけだ」みたいなことをいわれたことがありました。

そのソフトにはインストーラなんて存在しないので、…何を言っているんだ?と思って聞き直したんだけど、インストーラを使ったの一点張り。
最近流行の、目的のソフトをダウンロードさせると見せかけて、広告ボタンから不正なソフトをダウンロードさせる手口に引っかかった?とも思ったんだが、それとも違うらしい。

で、結局分かったのは、ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックしたらインストールできると勘違いした様子。
で、インストーラではないよ、ということを説明したんだけど、全然理解してもらえない。というか『インストーラがない』という状態が、理解の範疇の外らしい。

「インストーラが存在しない」という状態を「理解できない」人が、世の中のPC初心者の中には溢れている…という発想は、残念ながら自分にはなかった。

考えてみると、最近のスマホのソフトとか、タブレットのソフトとかは、ストアからダウンロードしたら即インストールとなり、ディレクトリへの配置とかメニューへの配置、環境構成まで自動的に行われるのが当たり前…というか、そういう手段しかないので、パソコンも同じと自然に思うものらしい。

この経験を経て、うちのサイトで公開しているソフトの大半にはインストーラを付けるようにしている。
インストーラが存在しない事による機会損失があっては困るので。

しかし今度は、インストーラであっても自己解凍書庫であっても、拡張子がexeなら、何でもかんでも…か、それに近い状態で積極的に「誤検知」するブラウザが出てきてしまったこと。やむを得ず、インストーラのexeをzip圧縮して公開するようにした。

何が何だかよく分からないことになっているが、zipをインストーラだと思って開いたら、その中にアイコンが見えるからさらにダブルクリックしてみてインストールが始まるという流れができたので、トラブルは発生していない様子。

ああ、ちなみに、ノートンによるファイルインサイトによるトラブルは発生しているのかもしれないが、ファイルインサイトによる事象はトラブルではなく、自業自得の一種と捉えているので、気にしてない。
(わざわざトラブルの起きやすいウイルス対策ソフトを好んで使っている/好んで使いたがるシステム担当のいる企業に就職しているなら、自業自得とみなす)


ああ、さっき「機会損失を防ぐ」というのを書いたけど、もう一つの大きな目的として、不用意なユーザーからの問合せを防ぐ、というのもあったかな。一時期、ユーザーからの問合せが多くて、潰れそうになった時期があったので。

中には「すっきり!! デフラグというソフトを学校の先生が勧めていたのですが、このソフトは何のソフトですか?」という問合せが来たこと。
それくらい、ソフトの説明文を読んでくれよ…と。

まぁ、そんなこと等も多くあり、一時期は、ユーザーからの問合せを減らすために、ヘルプの重厚度を非常に増したわけだけど、近年になって『ヘルプを読むのは面倒くさいから作者に聞いてしまえ』みたいな発想の人が出てきたってのもあった。

それ以前に、前述の通り「インストーラがないことが理解できない」のように、そもそもヘルプを手元で開くだけのPC利用力がなくて聞いてくる人もいた。

であれば、「インストーラが確実にある」状態にしておけば、不用意な問合せの絶対数は減るはずで。
というわけで、問合せ削減対応としての側面もありました。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2018年01月30日

シンボルってなに?by中学1年生

中学の頃、C言語でプログラミングをしていて困ったのが、専門用語の類。
中学生が用いる英和辞書では、分からないことだらけ。

コンパイルエラーのメッセージを見ていて困ったのが、「シンボル」(symbol)という用語でした。
一体何を示しているのか?
分からないので、結局、エラーメッセージなんて当てにせず、該当行の周辺をずーっと眺めて、間違いを見付けていました。
まぁ、それが楽しかったんで、C言語やっていたんですが。

結局のところ「シンボル」って、変数名とか、関数名とか、名前を付けられ識別される「モノ」を一般的に指して呼ぶときの言い方なんですよね。「識別子」とでも訳すべきでしょうか。種別を識別する前の段階……コンパイルするときの文字の並びを1つの単位で見たときのまとまり。まぁ、中学1年生に「識別子」と言って通じたかどうかは分かりませんが…。

シンボルがどうとかでエラーが発生しているときは、エラーの発生行そのものよりは、その変数を宣言している行とか、関数を定義している行とかだったりを見なければ、本当の間違いは見つからないわけで。そりゃ、真の原因を見付けるのも苦労しました。
当時は、呼び出し先や定義行にジャンプするエディタなんか使っていなかったから、そういうのを探すのも苦労したっけなぁ。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

2018年01月29日

棚の中を整理していたら出てきたDVD。ゴルゴ13、なんで?

棚の中をひっくり返す機会がありまして、いくつかDVDがでてきました。

A8E1D4A8-106C-464D-A293-F6785115D99F.jpeg

1番左の「ペンギンズ」は、劇場版。映画「マダガスカル」のスピンオフの「ペンギンズ」です。
ディズニーチャンネルで放送していた「ペンギンズ」が大好きなので、映画が日本で公開されないことが決まったときはガッカリしましたが、DVD化されたということで、喜んで買いに行きました。

2番目の「ゴルゴ13」は、あんまり記憶が無い。
内容を見たら、前に見た記憶はあったので、全く知らないものではない様子。
もしかすると、以前の職場で、同僚からもらったものかもしれないが、詳しい記憶がほとんど残ってない。

3番目。「エイリアンX
非常に安価で売っていたので買ったのだけど、観た後で、『なぜ「非常に安価」になってしまったのかをよく考えてから購入を判断すべきだった』と公開した作品。

4番目。「スキージャンプペア8」(レンタル落ち)
スキージャンプがペアでできるわけがないので、もちろんCG作品。
昔、弟に見せられて大爆笑したシリーズ。

再び、棚の中に仕舞われていきました。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記