2018年01月22日

今日は大雪。いっそのこと官房長官あたりが電車を止めるとか英断を下してくれないか

先日、新潟県のJR信越線で、大雪の中で電車が立ち往生し、乗客の方たちの苦労と、JR職員の方々の多大なる苦労についてのニュースが報じられました。

で、今日は関東地方で大雪が降る予定。
10時頃から雨か雪が降り始め、午後から本格的に降り、都内では最大10cmの降雪が予報され、気象庁では警戒を呼びかけているとのこと。

会社からの帰りの時間帯に電車がどうなっているのか、非常に気になるところですが、そんなことは予知能力でもなければわからないですね。サラリーマンとしては、電車が動いていれば、乗って出社しなければなりませんし、特別な指示がなければ定時までは勤めることになります。飲み会が計画されているならば、飲み会に行くことになるでしょう。

そんな中で気になっているのは、管官房長官が大雪で電車立ち往生した件で不快感を示したというニュース。

もちろん現場レベルでは大変な苦労があって、乗客からもJR職員の対応は賛美されるほどだったようですが、そもそも立ち往生が発生しないようにするためにはどうすべきだったか?というのが、疑問視されなければならないでしょう。

先ほども書いたとおり、サラリーマンは上からの指示がなく、電車が動いていれば、機械のように電車に乗り出社し定時まで勤めるってのが、社畜としてのあるべき姿です。となれば、上からの指示があれば、あるいは、電車が動いてさえいなければ、電車に乗ることもない。立ち往生した電車の中に居ることもない、というか、電車の立ち往生も起きないということになるんじゃないか。

ぜひとも明日の大雪に備えて、官房長官は国土交通大臣に進言して、明日の電車を止めて欲しいですね。
そうすれば、日本のサラリーマンは、ホントに、マジで、真にやむを得ず、出社できないですからね。いやぁ、本当は会社に出社したいんだけどさぁ、電車がさぁ、止まっていたらさぁ、行きたくても行けないんですよ。えぇ、マジデ。ホント。
だから、月曜日の朝から、上からの指示で、日本国政府というスーパートップからの指示で、電車止めちゃいましょうよ。
ガンガン最大級の不快感を示して。JRのエライ人に最大限の忖度をさせて。電車止めちゃいましょうよ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月21日

「映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-」を観に行った話

先週金曜日、花粉症の影響もあってか、仕事は残っているのに短時間で集中力が切れるようになってしまい、半ば朦朧とする意識の中で、気晴らしに行きたい!という気分が沸き上がってきて、会社を定時退社して映画を観てくることにしました。

映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-
chunibyotomjpeg.jpeg
▲特典の品

以前、この作品の過去の映画では、過去のテレビ版映像の焼き直しだらけっぽい感じだったので、今回もそれだとイヤだなぁというのがあって、観に行くべきか悩んだんですけど、まぁ、悩むくらいなら観に行ってしまおうか、と。

映画の開始直後、「写真撮影可」という部分もあったんですが、さすがに電源を切ったスマホをカバンから探し出して、電源を入れて撮影するのは面倒だったので、撮影はしませんでした。でも、撮影しておけばよかったかなぁ…。

心配していたような、過去のテレビ版映像の焼き直しだらけという事はなく、完全なオリジナルストーリーとなっており、安心して観ることができました。

もうここまでストーリーが進むと、二人は恋人同士であることを当然理解しているし、中二病を止めることの選択肢も当然俎上に載せているし。
でもどうせオタクっぽい高校生活を送るなら、こういう高校生活を送りたかったよなぁ。
でも残念ながら、こういう高校生活を送れるのは、二人が美男美女だからなのです。
「ただしイケメンに限る」からなのです。


posted by ayacy at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2018年01月10日

骨には衝撃が与え続けられていないといけないそうで

先日、NHKの番組の「人体」を見ておりましたら、「強靱な体を持つはずの自転車競技の選手が骨折しやすい体になっていた」というエピソードが紹介されていました。

自転車運転は骨に掛かる負荷が少ないことから、骨の修復が行われにくい体になってしまうのだとか。
もちろん、運動しない人は、さらに修復されにくい体になっているわけですけど。

僕は大学1年の後期から体育の授業がなくなって以来、運動らしい運動をしなくなってしまっているので、骨の修復なんて全然行われなくなってしまっているんじゃないかなぁ…と。

ただ、最近は、家の3歳児と5歳児が、事ある毎にのし掛かってくるし、「たかいたかい」をせがまれるし、いっしょにジャンプさせられるし、「豚の丸焼きのマネをしたい」からと言われて、まっすぐに伸ばした腕にナマケモノみたいにしがみつかれたりとかしているので、骨の修復機能は強化されているといいなぁ…と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記